黒田 夏子

(クロダ・ナツコ)
黒田 夏子(くろだ なつこ、本名:非公開、1937年3月23日 - )は、日本の小説家。東京・赤坂出身。父はサンスクリット学者の辻直四郎。。 4歳の時に母親が結核で死去し、自身も自宅療養する中、5歳の時に物語を書き始める。 小学校から高校まではカトリック系の湘南白百合学園に通った。高校の文芸部雑誌に「タミエ」の出る作品を初めて掲載する。その号に「遠い日の断章」という四行九連の詩を掲載した。早稲田大学教育学部国語国文学科に進学し、在学中に同人誌『砂城』を主宰した。 同時期、早大国文科の先輩に寺山修司と山田太一がおり、元NHKアナウンサーでエッセイストの下重暁子は同級生で同人誌仲間であった。大学卒業後は横須賀の緑ヶ丘女子高校に国語教師として2年間勤めた後、事務員、フリーの校正者、その他様々なアルバイトとして働く。 1963年、『毬』で読売短編小説賞に入選。1970年頃からは賞への応募や印刷物への公表はせず、執筆活動を続けた。 2012年9月、「早稲田文学」に投稿した『abさんご』で早稲田文学新人賞を受賞し、デビュー。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第148回 芥川賞

黒田 夏子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

abさんご



文藝春秋

累成体明寂



審美社

感受体のおどり



文藝春秋

abさんご



文藝春秋 2013-02-09
「途方もないものを読ませていただいた」──蓮實重彦・東大元総長の絶賛を浴びて早稲田文学新人賞を受賞した本作は、75歳の著者デビュー作。昭和の知的な家庭に生まれたひとりの幼子が成長し、両親を見送るまでの

早稲田文学5



早稲田文学会

早稲田文学6 特装版



早稲田文学会

早稲田文学6 通常版



早稲田文学会

早稲田文学7



早稲田文学会

ケトルVOL.12


嶋浩一郎 編集 /正田真弘 写真 /
太田出版


黒田 夏子の著書を検索する

黒田 夏子の関連ニュース


黒田 夏子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、黒田 夏子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「黒田 夏子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.