黒井 千次

(クロイ・センジ)
黒井 千次(くろい せんじ、1932年5月28日 - )は、日本の小説家。本名、長部舜二郎。「内向の世代」の作家の一人と呼ばれる。日本芸術院長。息子はフジテレビプロデューサーの長部聡介。 来歴・人物 東京府下高円寺に、のち最高裁判事長部謹吾の次男として生まれる。東京都立西高等学校から1955年東京大学経済学部卒業、富士重工業へ入社し、サラリーマン生活の傍ら、創作を行う。新日本文学会に入り、1958年に『青い工場』を発表し、当時の労働者作家の有望株として、八幡の佐木隆三、長崎の中里喜昭たちとともに注目された。また、『文学界』に『メカニズムNo.1』を執筆。労働現場の矛盾を心理的な側面から描く手法で注目された。 1968年に『聖産業週間』で芥川賞候補となり、1970年に『時間』で芸術選奨新人賞受賞。同年に富士重工を退社、作家活動に専念。この時、会社側から社業に専念できない人物を会社は雇うつもりはないと言われたという。その後、1984年に『群棲』で谷崎潤一郎賞、1995年に『カーテンコール』で読売文学賞(小説部門)、2000年日本芸術院会員、2001年に『羽根と翼』で毎日芸術賞、2006年に『一日 夢の柵』で野間文芸賞をそれぞれ受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第59回 野間文芸賞 / 第46回 読売文学賞小説賞 / 第20回 谷崎潤一郎賞

黒井 千次の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

時間 (講談社文芸文庫)



講談社 2014-04-11
或る日突然変貌し、異常なまでに猛烈に働き出す男。会社を欠勤し自宅の庭の地中深く穴を掘り始める男。企業の枠を越え、生甲斐を見出そうとする男。高度成長時代に抗して、労働とは何かを問い失われてゆく〈生〉の手

老いのかたち (中公新書)



中央公論新社

老いのかたち (中公新書)



中央公論新社 2014-07-11
昭和一桁生まれの作家が、自らの日常を通して"現代の老いの姿"を探る。同級生の葬儀を同窓会になぞらえ、男女の老い方の違いに思いを馳せ、「オジイチャン」と呼ばれて動揺、平均余命の数字が気にかかり-。冷静な

老いの味わい (中公新書)



中央公論新社

老いの味わい (中公新書)



中央公論新社 2015-11-13
七十代後半の坂を上りきり、八十歳を超えた作家が見つめる老いの日々。身の回りには、薄い横線で消された名前の目立つ住所録。バッグは肩からすべり落ち、タタミから立ち上がるのに一苦労。そして頭に浮かぶ疑問は、

春の道標



新潮社

現代小説クロニクル 1995~1999 (講談社文芸文庫)


日本文藝家協会 編集 /
講談社


黒井 千次の著書を検索する

黒井 千次の関連ニュース


黒井 千次のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、黒井 千次と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「黒井 千次」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.