黒川 創

(クロカワ・ソウ)
黒川 創(くろかわ そう、1961年6月15日 - )は日本の評論家、小説家。本名、北澤 恒。 評論家の北沢恒彦は父。編集グループSURE主催の北沢街子は妹。作家の秦恒平は叔父。劇作家・脚本家の秦建日子は従兄弟。  来歴・人物 京都市出身。同志社大学文学部卒業後、幼少期から知り合いの鶴見俊輔に誘われ、「思想の科学」編集委員として評論活動を開始。1999年、「若冲の目」で小説家デビュー。 1999年『若冲の目』で第21回野間文芸新人賞候補。2001年『もどろき』で第14回三島由紀夫賞候補。「もどろき」で第124回芥川龍之介賞候補。2002年「イカロスの森」で第127回芥川賞候補。2005年『明るい夜』で第18回三島賞候補。2008年『かもめの日』で第21回三島賞候補。2009年『かもめの日』で第60回読売文学賞受賞、『明るい夜』で京都水無月大賞受賞。2013年『暗殺者たち』で第26回三島賞候補。2014年、『国境[完全版]』で第25回伊藤整文学賞(評論部門)受賞。2015年『京都』で毎日出版文化賞受賞。 作品リスト 評論 『創世記』(1985年、亜紀書房/1988年、ちくま文庫) 『熱い夢・冷たい夢』(1988年、思想の科学社) 『先端・論』(1989年、筑摩書房) 『水の温度』 (1991年、講談社) 『リアリティ・カーブ-「戦無」と「戦後」のあいだに走る』(1994年、岩波書店) 『国境』(1998年、メタローグ) 『国境[完全版]』(2013年、河出書房新社) 『きれいな風貌 西村伊作伝』(2011年、新潮社)  『日高六郎・95歳のポルトレ 対話を通して』(2012、新宿書房)  『鴎外と漱石のあいだで 日本語の文学が生まれる場所』河出書房新社、2015  小説 『若冲の目』(1999年、講談社) 伊藤若冲をモチーフにした中篇「鶏の目」「猫の目」2作で構成。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第60回 読売文学賞小説賞

黒川 創の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

黒川 創の著書を検索する

黒川 創の関連ニュース


黒川 創のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、黒川 創と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「黒川 創」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.