黒木 亮

(クロキ・リョウ)
黒木 亮(くろき りょう、1957年 - )は、日本の小説家。北海道雨竜郡秩父別町出身。実家は秩父別町の神社。ロンドン在住。 北海道深川西高等学校、早稲田大学法学部卒業後、三和銀行に入行。同行の海外派遣制度でカイロ・アメリカン大学に留学し、修士号(中東研究科)を取得。同行ロンドン支店国際金融課でトルコ・中東・アフリカ向けの国際協調融資、プロジェクト・ファイナンス等に関る。その後、ロンドンの証券会社を経て、三菱商事ロンドン現地法人に入社。同社でプロジェクト金融部長を勤めながら2000年10月に上梓した国際金融小説『トップ・レフト』で小説家として一躍脚光を浴びる。その後、2003年7月に同社を退社し、専業作家になった。本名の金山雅之(かなやま まさゆき)名義で『ロンドン国際金融の仕掛人』、『国際銀行マンロンドン発』などの書籍も執筆している。産経新聞紙上で連載された『法服の王国』は、概ね青年法律家協会メンバーや反原発の人々を主人公として戦後司法史を描いた小説が保守系の新聞において掲載されたことから、話題を呼んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

黒木 亮の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

巨大投資銀行(下) (角川文庫)



角川グループパブリッシング

巨大投資銀行 (下) (日経文芸文庫)



日本経済新聞出版社 2013-10-25

巨大投資銀行(下)



サウンズグッド カンパニー 2014-04-25
ウォール街での実績を買われた桂木は東京のM&Aチームに移り、多くの買収案件を成功に導く。一方、“伝説のトレーダー”ソロモンの竜神宗一は、金融工学を駆使して日系証券の牙城を切り崩した後、米国債不正入札に

巨大投資銀行(上)



サウンズグッド カンパニー 2014-04-25
旧態依然とした日本の都市銀行を飛び出し、ウォール街の巨大投資銀行モルガン・スペンサーに転職した桂木英一。外資流のビジネスに翻弄されながらも、巨額のM&Aや証券引受で勝機をつかみ、一流のインベストメント

巨大投資銀行(上) (角川文庫)



角川グループパブリッシング

巨大投資銀行 (上) (日経文芸文庫)



日本経済新聞出版社 2013-10-25

巨大投資銀行 (上) (ルビ:バルジブラケット)



ダイヤモンド社
旧態依然とした日本の都市銀行を飛び出し、ウォール街の巨大投資銀行モルガン・スペンサーに転職した桂木英一。外資流のビジネスに翻弄されながらも、巨額のM&Aや証券引受で勝機をつかみ、一流のインベストメント

トップ・レフト 都銀vs.米国投資銀行



サウンズグッド カンパニー 2014-04-25
国際経済小説の大型新人として注目を浴び、「喉の渇きを覚えながら、一気に読了した」と高杉良氏に激賞された衝撃のデビュー作。日系自動車メーカーのイラン工場建設のため、1億5000万ドルの巨大融

黒木 亮の著書を検索する

黒木 亮の関連ニュース


黒木 亮のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、黒木 亮と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「黒木 亮」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.