車谷 長吉

(クルマタニ・チョウキツ)
車谷 長吉(くるまたに ちょうきつ、1945年7月1日 - 2015年5月17日)は日本の作家、随筆家、俳人。本名、車谷 嘉彦(くるまたに よしひこ)。兵庫県飾磨市(現・姫路市飾磨区)出身。筆名の「長吉」は唐代の詩人李賀にちなむ。妻は詩人の高橋順子。 かつては「反時代的毒虫」としての「私小説作家」を標榜しており、播州地方の方言を使った民衆言語で下層民の泥臭さを執拗に描き、近代と自己に疑問を投げかけるような苛烈な私小説において評価を受けた。 人物と作風 姫路市立飾磨高等学校、慶應義塾大学文学部独文科卒業(卒論はフランツ・カフカ論)。県下一の進学校(兵庫県立姫路西高等学校)を目指しての高校受験に失敗したことで強烈な上昇志向を育む。高校3年で文学に目覚め、慶大卒業後も広告代理店や出版社に勤務する傍ら、三島由紀夫の自殺に触発されて私小説を書き始め、処女作『なんまんだあ絵』(1972年、『鹽壺の匙』所収)で新潮新人賞の候補となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第119回 直木賞 / 第6回 三島由紀夫賞

車谷 長吉の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

赤目四十八瀧心中未遂 (文春文庫)



文藝春秋 2012-09-20
東京から流れつき、どこに行くあてもない「私」は日の当たらない蒸し暑いアパートの一室でモツを串に刺し続けた。向いの部屋に住む女の背中一面には、極楽の鳥、迦陵頻伽(カリョウビンガ)の刺青があった。ある日、

赤目四十八瀧心中未遂



文藝春秋
赤目四十八瀧心中未遂 [Jan 01, 1998] 車谷 長吉

車谷長吉の人生相談 人生の救い



朝日新聞出版 2013-08-01
新聞連載時より話題沸騰! “最後の文士”にして“私小説家の鬼”たる著者が、投稿による身の上相談に答える。妻子ある教師の「教え子の女子高生が恋しい」、主婦の「義父母を看取るのが苦しい」……この問いに著者

塩壷の匙



新潮社


車谷 長吉の著書を検索する

車谷 長吉の関連ニュース


車谷 長吉のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、車谷 長吉と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「車谷 長吉」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.