草野 心平

(クサノ・シンペイ)
草野心平(くさの しんぺい、1903年(明治36年)5月12日 - 1988年(昭和63年)11月12日)は日本の詩人。福島県石城郡上小川村(現・いわき市小川町)出身。 5人兄弟の次男として生まれる。兄の草野民平(くさの みんぺい、1899年(明治32年) - 1916年(大正5年))、弟の草野天平(くさの てんぺい、1910年(明治43年) - 1952年(昭和27年))も詩人。1919年、磐城中学(現・福島県立磐城高等学校)を4年生で中退したのち上京し、1920年、慶應義塾普通部3年次に編入。同年、同校を中退し、1921年、中国の広東嶺南大学(現・中山大学)に進学する。 1925年(大正14年)排日運動により、帰国。詩作はこの留学中に開始されている。 1923年(大正12年)には、民平と自己の詩をおさめた『廃園の喇叭』を自費出版(この時は一時帰国していたため、出版地は日本)。帰国後、雑誌『銅鑼』を主催し、ここに宮沢賢治や八木重吉らを同人に誘い、彼らの作品の紹介に努めた(彼らの没後まで心平は紹介を続けたが、生前に直接面識を得ることはなかった)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

草野 心平の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宮沢賢治詩集 (新潮文庫 み 2-3)


草野 心平 編さん /
新潮社

宮沢賢治詩集 (世界の詩 10)


草野 心平 編さん /
彌生書房

高村光太郎詩集



角川書店
経年経過による全体に色あせ及び黄ばみがかっております。帯はありません。 使用感はなく、中身は書き込み線引きなどありません。 amazonから迅速に発送します。 送料は無料ですヨ。

高村光太郎詩集



角川書店

草野心平詩集 (ハルキ文庫)



角川春樹事務所

草野心平詩集 (岩波文庫)


入沢 康夫 編集 /
岩波書店

草野心平詩集 (新潮文庫 く 3-1)


豊島 与志雄 編さん /
新潮社

草野心平詩集 (世界の詩 36)


田村 隆一 編さん /
彌生書房

草野心平詩集 (芸林21世紀文庫)


粟津 則雄 編集 /
芸林書房


草野 心平の著書を検索する

草野 心平の関連ニュース


草野 心平のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、草野 心平と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「草野 心平」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.