京極 夏彦

(キョウゴクナツヒコ)
京極 夏彦(きょうごく なつひこ、1963年3月26日 - )は、日本の小説家、妖怪研究家、アートディレクター。世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)、関東水木会会員、東アジア恠異学会会員。「怪談之怪」発起人の一人。北海道小樽市出身。北海道倶知安高等学校卒業、専修学校桑沢デザイン研究所中退。代表作に『百鬼夜行シリーズ』、『巷説百物語シリーズ』など。株式会社大沢オフィス所属。公式サイト「大極宮」も参照。 1963年(昭和38年)3月26日に北海道小樽に生まれる。アートディレクターとして桑沢デザイン研究所を経て広告代理店に勤務したのち、独立してデザイン会社を設立した。 そんな中、1994年のゴールデンウィークに「小説書いちゃったからもったいない」という軽い気持ちで、威張った編集者に門前払いをされることを期待しながら講談社ノベルスの編集部に電話をかけた。編集者は京極に、返事には数カ月から半年かかると伝えたが、箱入りで届いた『姑獲鳥の夏』の原稿を読み始めると、予想外に読みふけり1日で目を通し終え、まず「著名な作家が編集部のリテラシーを試しているイタズラでは」と感じたといい、また原稿を送って僅か2日で返事を貰った京極もドッキリではないかと思ったという。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第130回 直木賞 / 第16回 山本周五郎賞 / 第25回 泉鏡花文学賞 / 第24回 柴田錬三郎賞

京極 夏彦の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

絡新婦の理(4) (週刊少年マガジンコミックス)



講談社 2017-03-17
連続殺人事件・絞殺魔の杉浦は榎木津により確保された。だが、目潰し魔の平野は逃走中のまま未だに真相が見えない。二つの事件を結ぶ鍵である織作家に隠された禁忌の秘密…そして事件を裏で操る真犯人「蜘蛛」の正体

絡新婦の理(4)<完> (講談社コミックス)


京極 夏彦 原著 /
講談社 2017-03-17

絡新婦の理(1) (週刊少年マガジンコミックス)



講談社 2015-10-16
厳格な全寮制の聖ベルナール女学院に通う呉美由紀は、英語教師・本田に陵辱された親友の渡辺小夜子のため、「呪いごっこ」に付き合うことに。それは、学校の七不思議の一つである謎の像「黒い聖母」に呪った相手を殺

絡新婦の理(1) (講談社コミックス)


京極 夏彦 原著 /
講談社 2015-10-16

絡新婦の理(3) (週刊少年マガジンコミックス)



講談社 2016-10-17
絞殺魔による織作是亮の殺害から4日後、目潰し魔を追う刑事・木場もまた、織作家へとたどり着く。二つの事件が徐々に繋がりを見せた時、両事件に新たな犠牲者が…! 一方その頃、「黒い聖母」の存在を主張するも大

絡新婦の理(3) (講談社コミックス)


京極 夏彦 原著 /
講談社 2016-10-17

絡新婦の理(2) (週刊少年マガジンコミックス)



講談社 2016-04-15
呪いの儀式と、目潰し魔・絞殺魔。止まらぬ惨劇の連鎖を操っているのは何者なのか。手がかりを求め、富豪・織作家の妖しく美しき女達が住まう「蜘蛛の巣館」を訪れる木場。一方その頃、事件の報せはついに榎木津・京

絡新婦の理(2) (講談社コミックス)


京極 夏彦 原著 /
講談社 2016-04-15

狂骨の夢(1)<狂骨の夢> (カドカワデジタルコミックス)


京極 夏彦 その他 /
KADOKAWA / 角川書店 2012-09-01
いさま屋こと居佐間一成は、逗子の海で朱美と出会う。体調を崩していた伊佐間は、朱美の家で休息するが、そこで語られた朱美の過去話に衝撃を受ける。飯島基督教で寝起きをしている降旗弘は、信者の懺悔を聞く仕事を

魍魎の匣(1)<魍魎の匣> (カドカワデジタルコミックス)



KADOKAWA / 角川書店 2012-09-01
終戦間もない昭和の日本。女学校に通う楠本頼子と柚木加菜子は、最終列車に乗って湖に行く計画を立てる。当日、加菜子は到着した電車に轢かれてしまう。偶然居合わせた警視庁捜査一課の木場刑事は、混乱した現場で頼

京極 夏彦の著書を検索する

京極 夏彦の関連ニュース


京極 夏彦のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、京極 夏彦と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「京極 夏彦」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.