邱 永漢

(キュウ・エイカン)
邱 永漢(きゅう えいかん、1924年3月28日 - 2012年5月16日)は、日本および台湾の実業家、作家、経済評論家、経営コンサルタント。株式会社邱永漢事務所代表取締役。旧本名は邱炳南、帰化後の本名は丘永漢。初期の筆名は邱炳南および丘青台。株の名人で「金儲けの神様」と呼ばれた。 年譜・経歴 1924年3月、婚外子として日本統治時代の台湾台南市に生まれる。10人兄弟の長男。父邱清海は台湾人実業家。母堤八重は久留米生まれの日本人。 1937年 13歳のとき台北高校尋常科に入学。このころから文学に志して自ら詩を書き、個人雑誌『月来香』を発行。16歳で「台湾詩人協会」の普通会員(最年少)となり、邱炳南名義で詩作を西川満が主宰する『華麗島』創刊号に発表。台北高校の同窓に李登輝がいた。 1942年 内地(現・日本本土)へ。 1943年 10月東京帝国大学経済学部入学。「文学部ではなく経済学部を選んだことは学校のクラスメイトや教師たちを驚かせた。私の文学かぶれはあまねく全校生徒に知れ渡っており、私が文学部にすすむのは当然のことと思われていたからである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第34回 直木賞

邱 永漢の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)



PHP研究所 2015-08-14
お金は大事。お金は欲しい。お金が好き……。でも、お金は魔物。そんな魔物のパワーに振りまわされそうで、怖くて、お金から目をそらしてきました。いまこそお金を正面から見てみよう。お金について考えてみよう。は

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ (PHP文庫)



PHP研究所
   学校で教えてくれないことが3つある。ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。 日本人はお金との接し方が下手だ。高度成長期には企業に忠誠を誓いお金のために働かないことを美徳とし

お金をちゃんと考えることから逃げまわっていたぼくらへ



PHP研究所
   学校で教えてくれないことが3つある。ケンカとセックスの仕方、それとお金との接し方である。 日本人はお金との接し方が下手だ。高度成長期には企業に忠誠を誓いお金のために働かないことを美徳とし

新・メシの食える経済学~お金に恵まれる人生への手引き~ (光文社知恵の森文庫)



光文社 2016-10-28
「メシが食える」とは、お金に恵まれるだけでなく、充実した人生を送れること。そのための金銭感覚の養い方から世渡りの知恵を、わかりやすく説き明かす●若いときのケチは愛嬌があって頼もしい●賢者は「中金持ち」

食は広州に在り (Q books)



日本経済新聞出版社

食は広州に在り 改版 (中公文庫)



中央公論新社 2013-03-28
美食の精華は中国料理、そのメッカは広州である。広州美人を娶り、白亜の洋館に在って、時に自ら包丁を手にとる著者が蘊蓄を傾けて語る、中国的美味求真の世界。一読、その美酒佳肴に酔う――。

邱 永漢の著書を検索する

邱 永漢の関連ニュース


邱 永漢のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、邱 永漢と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「邱 永漢」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.