リービ 英雄

(リービ・ヒデオ)
リービ 英雄(リービ ひでお、Ian Hideo Levy, 1950年11月29日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州バークレー生まれの小説家・日本文学者。本名、リービ・ヒデオ・イアン。日本語を母語とせずに日本語で創作を続けている作家の一人。現在、法政大学国際文化学部教授。ユダヤ系アメリカ人。 来歴・人物 東欧系ユダヤ人の父と、ポーランド人移民の母親をもつ。父親は外交官で、英雄は少年時代から台湾、香港、アメリカ、日本と移住を繰り返す。”ヒデオ”は父の友人に因んで付けられたもので、幼少時からの本名である。 プリンストン大学東洋学専攻卒業、同大学院に学び、1978年、柿本人麻呂論で文学博士。同大学で、中西進に『万葉集』を学んでいる。プリンストン大学助教授ののち、スタンフォード大学准教授(テニュア付)を辞して、日本に渡る。 小説を書き始めたのは、中上健次の示唆がきっかけだった。また、司馬遼太郎とコロンビア大学(日本学専門)のポール・アンドラー教授(カトリックドイツ系/フィラデルフィア出身)と交流を持っていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第14回 野間文芸新人賞 / 第68回 読売文学賞小説賞

リービ 英雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

英語でよむ万葉集 (岩波新書)



岩波書店 2015-01-01
日本語と英語を往き還りする醍醐味を,これほど堪能できる書物がかつてあったろうか.英語を母語とし,中国語をつかいこなし,日本語で創作する稀有な作家の感性が,誰しもが耳慣れた万葉のことばを新たな相貌のもと

万葉集 Man'yō Luster 新装版


英訳:リービ 英雄 翻訳 /日本語現代語訳・本文:中西進 翻訳 /写真:井上 博道 写真 /AD:高岡 一弥 その他 /
パイインターナショナル 2014-12-20

千々にくだけて



講談社

千々にくだけて (講談社文庫)



講談社 2014-05-16
バンクーバー経由でニューヨークに向かったエドワードは、奇妙なアナウンスとともにカナダの見知らぬ街で足止めされる。繰り返し流れるテロの映像に芭蕉の句がオーバーラップして……。9.11を日本文学として初め

日本語を書く部屋



岩波書店

模範郷 (集英社文芸単行本)



集英社 2016-05-13
「ぼく」はここ何年も中国大陸の内陸部へ通っていた。それは、「あの時代の台湾はもう台湾にはない」と知人に言われ、幼少期に住んでいた台湾の、模範郷と呼ばれた故郷の面影を中国内陸部に見つけるためだった。そん

模範郷



集英社


リービ 英雄の著書を検索する

リービ 英雄の関連ニュース


リービ 英雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、リービ 英雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「リービ 英雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.