町田 康

(マチダ・コウ)
町田 康(まちだ こう、1962年1月15日 - )は、日本の小説家、詩人、ミュージシャン。旧芸名は、町田 町蔵(まちだ まちぞう)。本名は同じ漢字で「まちだ やすし」である。 大阪府堺市出身。1981年、バンド「INU」のボーカリストとしてアルバム『メシ喰うな!』で歌手デビュー。同バンド解散後もさまざまな名義で音楽活動を続けるかたわら、俳優としても多数の作品に出演。1996年には処女小説「くっすん大黒」で文壇デビュー、2000年に小説「きれぎれ」で第123回芥川賞受賞。以後は主に作家として活動している。 音楽活動 中学時代より友人の影響でロックミュージックに興味を持ち始める。大阪府立今宮高等学校在学中の1977年、セックス・ピストルズに触発され、「腐れおめこ」を結成、町田町蔵 (まちだ まちぞう)と名乗り歌手活動を開始する。1979年に林直人の加入によってバンドはINUへ発展、幾度かのメンバー交代を経て1981年に『メシ喰うな!』でメジャーデビュー。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第123回 芥川賞 / 第19回 野間文芸新人賞 / 第61回 野間文芸賞 / 第41回 谷崎潤一郎賞

町田 康の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ホサナ



講談社

日本霊異記/今昔物語/宇治拾遺物語/発心集 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集08)


伊藤比呂美 翻訳 /福永 武彦 翻訳 /町田 康 翻訳 /
河出書房新社

告白 (中公文庫)



中央公論新社

告白



中央公論新社

パンク侍、斬られて候 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-01
江戸時代。ある晴天の日。街道沿いの茶店に腰かけていた牢人は、そこにいた、盲目の娘を連れた巡礼の老人を、抜く手も見せずに太刀を振りかざし、ずばりと斬り捨てた。居合わせた藩士に理由を問われた牢人・掛十之進

パンク侍、斬られて候



マガジンハウス

考えるマナー (中公文庫)



中央公論新社 2017-01-19


町田 康の著書を検索する

町田 康の関連ニュース


町田 康のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、町田 康と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「町田 康」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.