まど みちお

(マド・ミチオ)
『まど・みちお』より : まど・みちお(本名:石田 道雄〈いしだ みちお〉、1909年〈明治42年〉11月16日 - 2014年〈平成26年〉2月28日)は、日本の詩人。25歳のときに北原白秋にその才能を認められ、33歳のときには太平洋戦争に召集された。詩作りは20代から始め、以来生涯にわたって詩を作り続けた。創作意欲の源は、政治・行政・教育・経済・戦争などに対する不満である。「ぞうさん」や「やぎさんゆうびん」などの、そのおおらかでユーモラスな作品は童謡としても親しまれている。表現の前に存在があるという意味で「存在の詩人」とも称される。 山口県都濃郡徳山町(のちの徳山市、現在の周南市)の生まれ。幼い頃に父が仕事の都合で台湾へ渡り、さらにまどが5歳の時に母がまどの兄と妹を連れて同地に移住したため4年ほどの間、祖父と2人での生活を送っている。その後、まども祖父のもとを離れて台湾へ渡った。 台北工業学校土木科に在学中、数人で同人誌『あゆみ』を創刊し詩を発表。卒業後は台湾総督府の道路港湾課で働いていたが1934年、雑誌『コドモノクニ』の童謡募集に応じて5篇を投稿、そのうちの2篇「ランタナの籬(かき)」「雨ふれば」が選者の北原白秋の目に止まり特選に選ばれたのをきっかけに詩や童謡の投稿を本格的に行うようになる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第16回 日本児童文学者協会賞 / 第6回 野間児童文芸賞

まど みちおの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ママだいすき


ましま せつこ イラスト /
こぐま社

ママだいすき (福音館のペーパーバック絵本)


真島 節子 イラスト /
福音館書店

まど・みちお詩集 (ハルキ文庫)



角川春樹事務所

どうぶつたち


美智子 編集 /安野 光雅 イラスト /
文藝春秋

てんぷらぴりぴり (子ども図書館)


杉田 豊 イラスト /
大日本図書


まど みちおの著書を検索する

まど みちおの関連ニュース


まど みちおのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、まど みちおと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「まど みちお」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.