前田 夕暮

(マエダ・ユウグレ)
前田 夕暮(まえだ ゆうぐれ、本名:前田 洋造(洋三とも)、1883年(明治16年)7月27日 - 1951年(昭和26年)4月20日)は、日本の歌人。明治から昭和期にかけて活動した。 神奈川県大住郡南矢名村(現・秦野市)の豪農の家に生まれる。1898年、中郡共立学校(現・神奈川県立平塚農業高校・秦野高等学校)に入学。1899年、家族に無断で上京したことを厳格な父親に咎められ、自殺を図る。同年秋、中学を退学し、近畿地方へ放浪の旅に出る。 1902年、東北地方を徒歩で旅行。この頃より「夕暮」の号を名乗り、文学に目覚め投稿を開始する。1904年、上京し尾上柴舟に師事、同時期に若山牧水も入門し、以後、交友が続いた。この頃漢学私塾二松學舍(現二松學舍大学)に学ぶ。1906年、白日社を創立。この年、洗礼を受けクリスチャンとなる。1907年、雑誌『向日葵』を発刊するが資金難より2号で廃刊する。 1909年、文光堂へ就職し『秀才文壇』の編集者となる。竹久夢二と知り合う。1910年、牧水の歌誌『創作』の創刊に編集同人として参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

前田 夕暮の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

若き陸地―詩集



東京四季出版

日本の名短歌・句集(第3集)―正岡子規、伊藤左千夫、前田夕暮 (響林社文庫)


しみじみ朗読文庫 編集 /
響林社 2015-01-03
日本の名短歌・句集(第3集)は、正岡子規、伊藤左千夫、前田夕暮の作品集です。【収録作品】 子規句集(抄)(正岡子規。高浜虚子編) 伊藤左千夫短歌抄(伊藤

陰影



Kindleアーカイブ 2016-08-27
原本出版年:1912 原本出版者:白日社本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本として最適

種紙の青む頃



2015-06-18
著者: 前田 夕暮(1883-1951)  底本: 日本の名随筆17 春  作品社このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによっ

原生林



改造社

原生林



改造社

新選 前田夕暮集



新潮社


前田 夕暮の著書を検索する

前田 夕暮の関連ニュース


前田 夕暮のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、前田 夕暮と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「前田 夕暮」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.