前川 佐美雄

(マエカワ・ミサオ)
前川 佐美雄(まえかわ さみお、1903年2月5日 - 1990年7月15日)は、歌人。日本芸術院会員。妻の前川緑、子の前川佐重郎も歌人。 奈良県南葛城郡忍海村(現葛城市)生まれ。1921年、下淵農林学校卒業。同年竹柏会「心の花」入会、佐佐木信綱に師事する。木下利玄らの「曙会」にも参加。東洋大学専門部倫理学東洋文学科卒業。超現実主義やマルクス主義の影響を受け、1928年、五島茂らと新興歌人連盟の結成に参加。さらにプロレタリア歌人同盟の結成に加わり、「短歌前衛」等に出詠した。1930年、第一歌集『植物祭』刊行。ダダイスム的・超現実主義的な歌が歌壇に衝撃を与え、モダニズム短歌の旗手と評価されるようになる。この頃の作品には口語的表現も多数見受けられる。翌年、石川信夫、斎藤史らと「短歌作品」創刊。前川の指導をうけたものに大西民子などがいる。 父の死後奈良に帰住。「カメレオン」同人から分派する形で1934年6月に歌誌「日本歌人」創刊。同誌からは塚本邦雄、前登志夫、山中智恵子、島津忠夫、大西巨人といった俊才が輩出された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

前川 佐美雄の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

朝日歌壇〈’86〉


朝日新聞東京本社文芸部 編集 /
朝日ソノラマ

【OD】大和まほろばの記



KADOKAWA/角川学芸出版 2010-03-26

朝日歌壇〈’87〉


朝日新聞東京本社学芸部 編集 /
朝日ソノラマ

秀歌十二月 (1980年)



筑摩書房


前川 佐美雄の著書を検索する

前川 佐美雄の関連ニュース


前川 佐美雄のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、前川 佐美雄と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「前川 佐美雄」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.