牧野 富太郎

(マキノ・トミタロウ)
牧野 富太郎(まきの とみたろう、1862年5月22日(文久2年4月24日) - 1957年(昭和32年)1月18日)は、日本の植物学者。高知県高岡郡佐川町出身。 「日本の植物学の父」といわれ、多数の新種を発見し命名も行った近代植物分類学の権威である。その研究成果は50万点もの標本や観察記録、そして『牧野日本植物図鑑』に代表される多数の著作として残っている。小学校中退でありながら理学博士の学位も得て、生まれた日は「植物学の日」に制定された。 生涯 1862年(文久2年)、土佐国佐川村(現、高知県高岡郡佐川町)の、近隣から「佐川の岸屋」と呼ばれた商家(雑貨業)と酒造業を営む裕福な家に生まれた。幼少のころから植物に興味を示していたと伝わる。 元は「成太郎」という名であったが、2歳で父を、5歳で母を、6歳で祖父を亡くした頃、「富太郎」に改名している。その後は祖母に育てられた。 10歳より土居謙護の教える寺子屋へ通い、11歳になると郷校である名教館(めいこうかん)に入り儒学者伊藤蘭林(1815年-1895年)に学んだ。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

牧野 富太郎の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

牧野富太郎 なぜ花は匂うか (STANDARD BOOKS)



平凡社 2016-08-22
日本植物学の父と呼ばれた牧野富太郎。花と植物の魅力の真髄を語った表題作、「私は植物の愛人」と軽口を飛ばしつつ研究人生を振り返る「植物と心中する男」などを精選。

植物一日一題



博品社

新牧野日本植物圖鑑


大橋 広好 編さん /
北隆館

植物知識 (青空文庫POD(ポケット版))

¥702

青空文庫POD 2015-12-31


牧野 富太郎の著書を検索する

牧野 富太郎の関連ニュース


牧野 富太郎のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、牧野 富太郎と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「牧野 富太郎」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.