丸谷 才一

(マルヤ・サイイチ)
丸谷 才一(まるや さいいち、1925年(大正14年)8月27日 - 2012年(平成24年)10月13日)は、日本の小説家、文芸評論家、翻訳家、随筆家。 主な作品に『笹まくら』『年の残り』『たつた一人の反乱』『裏声で歌へ君が代』『女ざかり』など。文字遣いは、1966年から74年までをのぞいて、歴史的仮名遣いを使用。日本文学の暗い私小説的な風土を批判し、軽妙で知的な作品を書くことを目指した。小説の傍ら『忠臣蔵とは何か』『後鳥羽院』『文章読本』などの評論・随筆も多数発表しており、また英文学者としてジョイスの『ユリシーズ』の翻訳などにも携わった。座談や講演も多く、「文壇三大音声」(〜おんじょう)の一人と自負していた。 1925年、山形県鶴岡市馬場町乙三番地にて、開業医・丸谷熊次郎(1956年死去、74歳)とその妻・千(せん。1978年死去、85歳)との間に次男として誕生。1932年、鶴岡市立朝暘第一尋常小学校に入学、1938年、同小学校を卒業、旧制鶴岡中学校(現・山形県立鶴岡南高等学校)に入学、1943年、同中学校を卒業。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第59回 芥川賞 / 第38回 野間文芸賞 / 第8回 谷崎潤一郎賞 / 第31回 泉鏡花文学賞

丸谷 才一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ボートの三人男 (中公文庫)


丸谷 才一 翻訳 /
中央公論新社

ボートの三人男 (中公文庫)


丸谷才一 翻訳 /
中央公論新社 2012-12-19
気鬱にとりつかれた三人の紳士が犬をお供に、テムズ河をボートで漕ぎだした。歴史を秘めた町や村、城や森をたどり、愉快で滑稽、皮肉で珍妙な河の旅が続く。数々のオマージュ作品を生み、いまだ世界で愛読されている

ボートの三人男 (中公文庫)


丸谷 才一 翻訳 /
中央公論新社

猫なんて!



キノブックス

別れの挨拶 (集英社文庫)



集英社 2017-03-17

文章読本 (中公文庫)



中央公論社

文章読本



中央公論新社

文章読本 (中公文庫 A 103-2)



中央公論新社

ユリシーズ 文庫版 全4巻完結セット (集英社文庫ヘリテージ)


丸谷 才一 翻訳 /永川 玲二 翻訳 /高松 雄一 翻訳 /
集英社


丸谷 才一の著書を検索する

丸谷 才一の関連ニュース


丸谷 才一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丸谷 才一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丸谷 才一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.