丸山 薫

(マルヤマ・カオル)
丸山 薫(まるやま かおる、1899年(明治32年)6月8日 - 1974年(昭和49年)10月21日)は、日本の詩人。男性。 大分県大分市で生まれる。12歳で母方の祖父の地であった愛知県豊橋市に移る。身内はそこで旅館業をしていたという。県立第四中学校(現・愛知県立時習館高等学校)を卒業、海への憧れから周囲の反対を押し切って東京高等商船学校(現・東京海洋大学)を志し、2度目の受験にして合格するが、まもなく脚気のため退学する。この海への憧憬と挫折が、後の詩作の重要なモチーフとなる。その後、第三高等学校(現・京都大学)に移り、そこを卒業する。この時代から、桑原武夫、三好達治、梶井基次郎らと親交を持つ。その後、東京帝国大学(現・東京大学)文学部国文科に入学する。第九次「新思潮」の同人になる。 1928年(昭和3年)に高井三四子と結婚し、同年大学を中退、詩の活動に専念するようになる。船員を志しながらそれを絶たれたことから、船や海、異国にまつわる詩には彼独自の世界が見られる。1933年(昭和8年)に堀辰雄らと「四季」を創刊し、翌年「幼年」で文芸汎論詩集賞を受賞する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

丸山 薫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

WEB+DB PRESS Vol.98


WEB+DB PRESS編集部 編集 /- その他 /
技術評論社

量子コンピューターが本当にすごい (PHP新書)


丸山 篤史(構成) その他 /
PHP研究所

量子コンピューターが本当にすごい Google、NASAで実用が始まった“夢の計算機” (PHP新書)


丸山 篤史 その他 /
PHP研究所 2015-06-05
量子力学の原理を使って複数の計算を同時に行い、スパコンを圧倒的に凌ぐ計算能力を持つ量子コンピューター。少し前まで「実現はするのは百年後」と目されていたが、2011年、カナダのD‐Wave社が突然、量子

事件記者トトコ! 4<事件記者トトコ!> (HARTA COMIX)



KADOKAWA / エンターブレイン 2016-07-15
大東都新報の事件記者・薙澤兎々子は、3つの「ケ」で出来ている。食い気と眠気そしてマヌケ――日本一残念なこの記者に、特ダネが取れる日はやって来るのか!? 大人気のドタバタ報道活劇、最終巻はオールスター総

事件記者トトコ! 4巻 (ビームコミックス)



KADOKAWA/エンターブレイン 2016-07-15

面白くて眠れなくなる遺伝子



PHP研究所 2016-04-15
読みだしたらとまらない、スリリングな遺伝子のはなし。長寿遺伝子があるって本当!?、キメラ動物を作ることは可能か?、DNA捜査は信用できる?、遺伝子組み換えの真実、iPS細胞と「細胞の運命」、ヒトゲノム

まだ誰も解けていない 科学の未解決問題 (中経出版)



KADOKAWA / 中経出版 2014-10-14
科学で面白いのは"最前線"!未解決問題への挑戦には、知的興奮と人間ドラマが詰まってます。「超ひも問題」「大量絶滅」「タイムマシン」など、科学を横断する12のテーマであなたの世界観をガラリと変える1冊。

丸山 薫の著書を検索する

丸山 薫の関連ニュース


丸山 薫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丸山 薫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丸山 薫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.