丸山 健二

(マルヤマ・ケンジ)
丸山 健二(まるやま けんじ、1943年12月23日 - )は、日本の小説家。 長野県飯山市出身。進学のため一時期仙台に、その後東京に住むが、1968年以降現在に至るまで長野県在住。1964年に国立仙台電波高等学校(現在の仙台高等専門学校広瀬キャンパス)を卒業後、東京の商社「江商」(現在の兼松)に勤務。テレックスのオペレーターをこなす傍ら、小説を書き始める。 1966年に第23回文学界新人賞を受賞した小説「夏の流れ」が、1967年に第56回芥川賞を受賞。23歳の受賞者には石原慎太郎、大江健三郎、平野啓一郎、青山七恵らがいるが、23歳0か月での芥川賞最年少受賞記録は2004年に綿矢りさが19歳で受賞するまで破られなかった(女性作家では他にも金原ひとみが20歳で受賞しているものの、男性作家としては2015年現在でも依然として最年少受賞者である)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第56回 芥川賞 / 第23回 文學界新人賞

丸山 健二の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

丸山 健二の著書を検索する

丸山 健二の関連ニュース


丸山 健二のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丸山 健二と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丸山 健二」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.