丸山 眞男

(マルヤマ・マサオ)
丸山 眞男(まるやま まさお、1914年(大正3年)3月22日 - 1996年(平成8年)8月15日)は、日本の政治学者、思想史家。東京大学名誉教授、日本学士院会員。専攻は日本政治思想史。新字体で丸山真男とも表記される。 丸山の学問は「丸山政治学」「丸山思想史学」と呼ばれ、経済史学者・大塚久雄の「大塚史学」と並び称された。マックス・ヴェーバーの影響を強く受けた学者の一人であり、近代主義者を自称する。 政治思想史研究へ 1914年(大正3年)3月22日、ジャーナリスト・丸山幹治の次男として、大阪府東成郡天王寺村(現・大阪市阿倍野区)に生まれた。郷里は長野県で旧松代藩士族の家系。兄に芸能プロデューサー・音楽評論家の丸山鉄雄、弟に評論家の丸山邦男がいる。1921年(大正10年)には東京四谷に転居。父の友人・長谷川如是閑らの影響を受け、大正デモクラシーの潮流のなかで思想形成をおこなう。四谷第一尋常小学校、東京府立第一中学校(現・都立日比谷高校)を経て、1931年(昭和6年)4月、旧制一高に進学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

丸山 眞男の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

丸山眞男セレクション (平凡社ライブラリー700)


杉田 敦 編集 /
平凡社 2015-08-27
日本政治思想史と政治学の知見をもって戦後思想をリードした丸山眞男。その思考の特徴を示す代表的な論考を集め、丸山再認識への最良のエントランスを提供する。編者による鮮やかな丸山論収載。

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)


古矢 旬 編集 /
岩波書店

超国家主義の論理と心理 他八篇 (岩波文庫)



岩波書店 2016-03-17
日本ナショナリズムは,なぜ超国家主義(ウルトラ・ナショナリズム)へと突き進んだのか? 敗戦の翌年,日本軍国主義の精神構造に真っ向から対峙し,抑圧が下位に移されていく「抑圧委譲の原理」,それゆえの「無責

論集 福沢諭吉 (平凡社ライブラリー)


市村 弘正 編集 /
平凡社


丸山 眞男の著書を検索する

丸山 眞男の関連ニュース


丸山 眞男のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丸山 眞男と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丸山 眞男」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.