丸山 豊

(マルヤマ・ユタカ)
丸山 豊(まるやま ゆたか、1915年3月30日 - 1989年8月8日)は日本の医師、詩人。日本の現代詩における代表的詩人の一人。福岡県八女郡広川町出身。福岡県中学明善校在学中より野田宇太郎らと同人誌に参加。第一早稲田高等学院に進学するも中退し、父と同じく医学を志して昭和12年、九州医学専門学校卒業。 1941年以降、軍医として中国、フィリピン、ビルマを転戦した。大尉で復員後の昭和21年、久留米市にて豊泉会丸山病院を開業。医師として働く傍ら詩作を行う。1947年、安西均、野田宇太郎らと詩誌「母音」を創刊。谷川雁、川崎洋、有田忠郎ら九州の詩人たちが参加した。1973年第1回久留米市文化賞受賞、1974年第33回西日本文化賞受賞。1989年、日本現代詩人会主宰の先達詩人顕彰受賞。1963年にはアラゴン主宰の『フランス文学』誌上で「十人の日本詩人」の一人に選ばれるなど、国際的評価も高い。氏の功績を記念して1992年に「丸山豊記念現代詩賞」がつくられ、谷川俊太郎(第1回)、新川和江(第3回)、まどみちお(第11回)らが受賞している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

丸山 豊の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

組織力UP!現場力UP! 消防職員のためのコミュニケーション実践講座


竹田 豊(出雲市消防本部救急救命士) 監修 /竹田 豊(出雲市消防本部救急救命士) 監修 /丸山 英生(前佐世保市消防局長) 監修 /丸山 英生(前佐世保市消防局長) 監修 /
東京法令出版

月白の道



創言社

月白の道



創言社

日本現代詩文庫 22 丸山豊詩集



土曜美術社出版販売

プロセス演習 刑法 [総論・各論]


町野 朔 編集 /丸山 雅夫 編集 /山本 輝之 編集 /
信山社


丸山 豊の著書を検索する

丸山 豊の関連ニュース


丸山 豊のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、丸山 豊と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「丸山 豊」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.