正岡 子規

(マサオカ・シキ)
正岡 子規(まさおか しき、1867年10月14日(慶応3年9月17日) - 1902年(明治35年)9月19日)は、日本の俳人、歌人、国語学研究家。名は常規(つねのり)。幼名は処之助(ところのすけ)で、のちに升(のぼる)と改めた。 俳句、短歌、新体詩、小説、評論、随筆など多方面に亘り創作活動を行い、日本の近代文学に多大な影響を及ぼした、明治時代を代表する文学者の一人であった。死を迎えるまでの約7年間は結核を患っていた。 伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。母は、藩の儒者大原観山の長女。 1872年(明治5年)、幼くして父が没したために家督を相続し、大原家と叔父の加藤恒忠(拓川)の後見を受けた。外祖父・観山の私塾に通って漢書の素読を習い、翌年には末広小学校に入学し、後に勝山学校に転校。少年時代は漢詩や戯作、軍談、書画などに親しみ、友人と回覧雑誌を作り、試作会を開いた。また自由民権運動の影響を受け、政談にも関心を熱中したという。 1880年(明治13年)、旧制松山中学(現・松山東高)に入学。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

正岡 子規の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

子規句集 (岩波文庫)


高浜 虚子 編集 /
岩波書店

『正岡子規全集・83作品⇒1冊』【さし絵・図解つき】



正岡子規全集・出版委員会 2015-05-13
「墨汁一滴」「病牀六尺」「歌よみに与ふる書」。俳句、短歌、随筆と、多方面にわたり創作活動を行い、漱石や鴎外とも交流のあった正岡子規の「83作品」(関連作品含む)を1冊に収録。目次一覧から目当ての作品に

仰臥漫録 (岩波文庫)



岩波書店

仰臥漫録 (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2013-12-12
明治三四年九月、命の果てを意識した子規は、食べたもの、服用した薬、心に浮んだ俳句や短歌を書き付けて、寝たきりの自分への励みとした。生命の極限を見つめて綴る覚悟ある日常。直筆彩色画をカラー収録。

仰臥漫録 (角川ソフィア文庫)


飯野 和好 イラスト /
角川学芸出版

病牀六尺 (岩波文庫)



岩波書店

笑う子規 (ちくま文庫)


天野 祐吉 編集 /南 伸坊 イラスト /
筑摩書房


正岡 子規の著書を検索する

正岡 子規の関連ニュース


正岡 子規のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、正岡 子規と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「正岡 子規」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.