又吉 栄喜

(マタヨシ・エイキ)
又吉 栄喜(またよし えいき、1947年7月15日 - )は日本の小説家。 沖縄県浦添村(現・浦添市)出身。琉球大学法文学部史学科卒。浦添市立図書館在職中の1980年、すばる文学賞を受賞、1996年に『豚の報い』で第114回芥川賞を受賞。 受賞歴 1978年 「ジョージが射殺した猪」で第8回九州芸術祭文学賞受賞。 1980年 「ギンネム屋敷」で第4回すばる文学賞受賞。 1996年 「豚の報い」で第114回芥川龍之介賞受賞 作品 『ギンネム屋敷』(集英社 1981年) 『パラシュート兵のプレゼント 短篇小説集』(海風社 1988年) 『豚の報い』(文藝春秋 1996年)のち文庫 『木登り豚』(カルチュア出版 1996年) 『果報は海から』(文藝春秋 1998年) 『波の上のマリア』(角川書店 1998年) 『海の微睡み』(光文社 2000年)のち文庫 『陸蟹たちの行進』(新潮社 2000年) 『人骨展示館』(文藝春秋 2002年) 『鯨岩』(光文社 2002年)のち文庫 『巡査の首』(講談社 2003年) 『夏休みの狩り』(光文社 2007年) 『呼び寄せる島』(光文社 2008年) 『漁師と歌姫』(潮出版社 2009年) 外国語への翻訳 2000年 - 英語: "Fortunes by the sea" (『果報は海から』), in Molasky Michael and Rabson Steve, eds. Southern Exposure: Modern Japanese Literature from Okinawa. Honolulu: University of Hawai'i Press (翻訳者: David Fahy) 2006年 - フランス語: Histoire d'un squelette (『人骨展示間』), Arles: Philippe Picquier (翻訳者:Patrick Honnoré) 2008年 - イタリア語:La punizione del maiale (『豚の報い』), Nuoro: Il Maestrale (翻訳者:Luca Capponcelli と Costantino Pes) 2009年 - 英語: "The Carnival Bullfight" (『カーニバル闘牛大会』), posted on 14.10.2009 on the "Behold my Swarthy Face" blog [1] (翻訳者:Tom Kain)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第114回 芥川賞

又吉 栄喜の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

現代沖縄文学作品選 (講談社文芸文庫)


川村 湊 編集 /
講談社

ひと粒の宇宙 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)

夏休みの狩り



光文社

豚の報い



文藝春秋

豚の報い (文春文庫)



文藝春秋

時空超えた沖縄



燦葉出版社

鯨岩



光文社


又吉 栄喜の著書を検索する

又吉 栄喜の関連ニュース


又吉 栄喜のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、又吉 栄喜と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「又吉 栄喜」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.