松井 秀喜

(マツイ・ヒデキ)
松井 秀喜(まつい ひでき、1974年6月12日 - )は、日本の元プロ野球選手(外野手)。現役引退後はヤンキースGM特別アドバイザーを務める。石川県能美郡根上町(現:能美市)出身。血液型はO型。 1990年代から2000年代の球界を代表する長距離打者で、日本プロ野球時代は読売ジャイアンツ、メジャーリーグではニューヨーク・ヤンキースなどで活躍した。2012年引退。2013年には国民栄誉賞を受賞。愛称は「ゴジラ」。 プロ入り前 1974年6月12日に、瑠璃教会二代目司教である父・昌雄と母・さえ子の二男として生まれる。生まれたときの体重は3,960グラムであった。3歳で自宅近くの保育園に入園。保育園史上最大の園児と言われた。当時の保育園の先生は「8歳ぐらいに見えました」と語っている。 体格が一際大きかったため、根上町立浜小学校1年生の時に3年生以上で構成される軟式野球チーム「根上少年野球クラブ」に特別に入団させてもらったが、まだ幼すぎて監督の指示などが理解できず、一旦野球をやめてしまった。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

松井 秀喜の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

エキストラ・イニングス 僕の野球論 (文春文庫)



文藝春秋 2016-04-28
プロ野球日本シリーズと、MLBのワールドシリーズ両方でMVPを獲得した唯一の選手、松井秀喜。これまで出会った素晴らしき野球人への思い、みずからの野球論を率直に語った。

不動心 (新潮新書)



新潮社

不動心(新潮新書)



新潮社 2012-06-01
どんな技術やパワーよりも、逆境に強い力、挫折を乗り越える力を持った選手になりたい――。左手首骨折という選手生命を脅かす大怪我から、見事な復活を遂げた松井秀喜。その陰には、マイナスをプラスに変える独自の

信念を貫く(新潮新書)



新潮社 2012-06-01
困難にぶつかったとき、迷いが生じたとき、松井はどう考え、どう乗り越えてきたか。愛するニューヨークを去る決断、ワールドシリーズMVPの伏線となった一球、チームの指示に反して手術を回避した理由……野球人生

告白



PHP研究所


松井 秀喜の著書を検索する

松井 秀喜の関連ニュース


松井 秀喜のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松井 秀喜と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松井 秀喜」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.