松井 今朝子

(マツイ・ケサコ)
松井 今朝子(まつい けさこ、1953年9月28日 - )は、日本の脚本家、演出家、評論家、直木賞作家。 1953年、京都・祇園にある料亭の娘として生まれる。聖母学院中学高等学校卒、早稲田大学文学部演劇学科卒、同大学大学院文学研究科演劇学修士課程修了後、松竹株式会社に入社、歌舞伎の企画・制作に携わる。松竹を退職後フリーとなり、故・武智鉄二に師事して、歌舞伎の脚色・演出・評論などを手がけるようになる。 1997年、『東洲しゃらくさし』で小説家としてデビュー。同年に、『仲蔵狂乱』で第8回時代小説大賞受賞。この作品は、2000年に市川團十郎、新之助の出演でTV化された。1999年、『幕末あどれさん』で第20回吉川英治文学新人賞候補。2000年、『仲蔵狂乱』がテレビドラマ化。2001年、『奴の小万と呼ばれた女』で第22回吉川英治文学新人賞候補。2002年、『非道、行ずべからず』で第127回直木三十五賞候補、『一の富』で第23回吉川英治文学新人賞候補。2003年、『似せ者』で第128回直木三十五賞候補。2007年、『吉原手引草』で第137回直木三十五賞受賞。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第137回 直木賞

松井 今朝子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

能・狂言/説経節/曾根崎心中/女殺油地獄/菅原伝授手習鑑/義経千本桜/仮名手本忠臣蔵 (池澤夏樹=個人編集 日本文学全集10)


岡田 利規 翻訳 /伊藤 比呂美 翻訳 /いとう せいこう 翻訳 /桜庭 一樹 翻訳 /三浦 しをん 翻訳 /いしい しんじ 翻訳 /松井 今朝子 翻訳 /
河出書房新社

吉原十二月



幻冬舎 2013-06-26
大籬・舞鶴屋に売られてきた、容貌も気性もまったく違う、ふたりの少女。幼い頃から互いを意識し、妓楼を二分するほど激しく競り合いながら成長していく。多くの者が病に斃れ、あるいは自害、心中する廓。生きて出る

吉原十二月



幻冬舎

吉原手引草 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2012-09-12
吉原一を謳われた花魁葛城が、忽然と姿を消した。一体何が起こったのか? 吉原を鮮やかに描き出し、直木賞を受賞した時代ミステリーの傑作。

吉原手引草



幻冬舎

料理通異聞 (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2016-09-07
江戸に一代で名を轟かせた料亭「八百善」。料理を文化にした男、栗山善四郎の一代記! 天明二年。江戸は大地震に見舞われた。まだ騒然とした空気が残る中、栗山善四郎は御金御用商・水野家

料理通異聞



幻冬舎 2016-09-08

仲蔵狂乱



講談社


松井 今朝子の著書を検索する

松井 今朝子の関連ニュース


松井 今朝子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松井 今朝子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松井 今朝子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.