松村 任三

(マツムラ・ジンゾウ)
松村 任三(まつむら じんぞう、1856年2月14日〔安政3年1月9日〕- 1928年5月4日)は日本の植物学者。 東京帝国大学理学部植物学教室教授、付属小石川植物園の初代園長。多くの植物標本を採取しソメイヨシノやワサビなど150種以上の植物に学名を付け、それまでの本草学と近代の植物学の橋渡しをした。また、植物の分類のための植物解剖(形態)学という新しい学問を広めた。門下生に牧野富太郎がいる。だが次第に牧野を憎むようになり、講師であった牧野の免職をたびたび画策した。位階勲等は正三位勲一等。現在の茨城県高萩市出身。同市にあるかやぶきの生家は2012年12月10日の火災によって全焼した。 1856年、常陸国多賀郡下手綱村に、常陸松岡藩の家老の長男として生まれる。 1861年、数え6歳にして、水戸藩主の前で四書五経の素読を行う。 1870年、藩の貢進生に選ばれ、大学南校(後の東京開成学校、東京大学の前身)に入学。 1876年、東京開成学校退学。 1877年、東京大学小石川植物園に奉職し、矢田部良吉教授の助手となる。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

松村 任三の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

松村 任三の著書を検索する

松村 任三の関連ニュース


松村 任三のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松村 任三と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松村 任三」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.