松岡 圭祐

(マツオカ・ケイスケ)
松岡 圭祐(まつおか けいすけ、1968年12月3日 - )は、日本の作家。『探偵の探偵』『万能鑑定士Q』『催眠』『千里眼』『ミッキーマウスの憂鬱』で知られる。愛知県出身。 1997年10月に、小説デビュー作『催眠』を発表。ミリオンセラーになったこの作品はシリーズ化されることになった。同シリーズは、カウンセラーとタレント催眠術師の対立から催眠現象の実体を浮き彫りにする内容で、これ以前の松岡圭祐の知見を小説の形で描いたものである(後述)。 1999年5月に、小説『千里眼』を発表。『催眠』と同様にシリーズ化され、累計628万部を超える人気作になった。元航空自衛官で臨床心理士の岬美由紀というヒロインが登場するシリーズで、北朝鮮の工作船や同時多発テロ・イラク戦争など、国際的時事問題を盛り込んで、それを松岡流の料理の仕方で見せるのが特徴である。 『催眠』『千里眼』『蒼い瞳とニュアージュ』の各シリーズの第一作が映画化・ドラマ化された。 『マジシャン』は手品業界の裏側の生々しい描写とメディア批判を特徴としたシリーズである。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

松岡 圭祐の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

松岡 圭祐の著書を検索する

松岡 圭祐の関連ニュース


松岡 圭祐のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松岡 圭祐と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松岡 圭祐」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.