松谷 みよ子

(マツタニ・ミヨコ)
松谷 みよ子(まつたに みよこ、本名:松谷 美代子、1926年2月15日 - 2015年2月28日)は、日本の児童文学作家。 父は社会派の弁護士で、無産政党代議士となった松谷與二郎。元夫は児童文学関係者で人形劇団座長の瀬川拓男。自伝として、『自伝 じょうちゃん』、『小説・捨てていく話』がある。 来歴・人物 1926年(大正15年)、東京市神田区元岩井町(現・千代田区神田岩本町)に4人きょうだいの末っ子として生まれる。西巣鴨第五尋常小学校から東洋高等女学校に進み、1943年に卒業。家の事情もあり大学には進まず旧日本勧業銀行に就職、その後JTBで編集に従事する。1945年、東京への空襲がはげしくなって家族とともに長野県中野市に疎開。1947年に長野で、1948年に東京で坪田譲治を訪れて師事。坪田が1951年に創立したびわの実学校にも参加し、以後びわの実会では坪田の引退後も責任編集などを担当する。1951年には童話集『貝になった子供』があかね書房から出版され、第1回児童文学者協会新人賞を受賞する。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

松谷 みよ子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

いないいないばあ (松谷みよ子 あかちゃんの本)


瀬川 康男 イラスト /
童心社
いないいないばあ (松谷みよ子あかちゃんの本)

もうねんね (松谷みよ子 あかちゃんの本)


瀬川 康男 イラスト /
童心社
   眠そうに伸びをするイヌが1匹。「ねむたいよう おやすみなさい ワン」。ページをめくると、横になって「いぬも ねんね ひとりで ねんね」。あくびをして眠そうなネコも「まあるくなって ねんね」。めん

わたしのいもうと (新編・絵本平和のために)


味戸 ケイコ イラスト /
偕成社

いいおかお (松谷みよ子 あかちゃんの本)


瀬川 康男 イラスト /
童心社
ふうちゃんが ひとりで いいおかおを していました そこへ いいおかお みせてって ねこが きました にゃー ねこも まねっこして いいおかおを しました ネコのあとには、イヌもまねしていいおかお。ゾ

モモちゃんとアカネちゃんの本(1)ちいさいモモちゃん (児童文学創作シリーズ)


菊池 貞雄 イラスト /
講談社
   1964年に第1巻が発売されてから第6巻で完結するまで、ほぼ30年を要した「モモちゃんとアカネちゃんの本」シリーズ。その第1巻となる本書ではモモちゃんが生まれた日から3歳までが描かれる。働きなが

ちいさいモモちゃん モモちゃんとアカネちゃんの本(1) (講談社青い鳥文庫)


菊池 貞雄 イラスト /
講談社
   1964年に第1巻が発売されてから第6巻で完結するまで、ほぼ30年を要した「モモちゃんとアカネちゃんの本」シリーズ。その第1巻となる本書ではモモちゃんが生まれた日から3歳までが描かれる。働きなが

松谷みよ子 あかちゃんの本 Aセット(全3巻)


瀬川 康男 イラスト /
童心社
母とこの伝承あそびを、はじめて絵本の形に再創造したあかちゃん絵本。不朽のロングセラー。0歳から 「いないいないばあ」 「いいおかお」 「もうねんね」 三冊セットです。

松谷みよ子 あかちゃんの本(全9巻)


瀬川 康男 イラスト /東光寺 啓 イラスト /いわさき ちひろ イラスト /
童心社
日本で初めてのあかちゃん絵本として出版されて40年以上、世代を超えて読みつがれ、たくさんのあかちゃんとおかあさんを笑顔にしてきたロングセラー絵本シリーズ。『いないいないばあ』『いいおかお』他、全9巻の

のせて のせて (松谷みよ子 あかちゃんの本)


東光寺 啓 イラスト /
童心社
 「モモちゃんとアカネちゃん」シリーズや民話の採集などで知られる松谷みよ子の「あかちゃんの本」シリーズの1冊。1969年の出版以来、赤ちゃんのファーストブックとしてロングセラーを続ける不朽の名作絵本。

松谷 みよ子の著書を検索する

松谷 みよ子の関連ニュース


松谷 みよ子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松谷 みよ子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松谷 みよ子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.