松浦 理英子

(マツウラ・リエコ)
松浦 理英子(まつうら りえこ、1958年8月7日 - )は、日本の小説家。 来歴・人物 愛媛県松山市生まれ。父親の勤務の関係で、幼少期を四国地方の各地で過ごす。中学生の時に香川県丸亀市に移り、丸亀西中学から大手前高校を経て、青山学院大学文学部仏文科卒業。10代よりマルキ・ド・サド、ジャン・ジュネなどを愛読し、仏文科を志望したのもジュネを原語で読むためであった。大学在学中の1978年、「泣き屋」と「笑い屋」との奇妙な交流を描く「葬儀の日」で文學界新人賞を受賞、芥川賞候補になる。1987年、レズビアンを描いた『ナチュラル・ウーマン』が中上健次の絶賛を受け注目される。 1993年11月、河出書房新社より長編小説『親指Pの修業時代』を上下巻で刊行。同作品は右足の親指がペニスになってしまった女性の遍歴を描き、「ペニスを男根主義から解放する」ことを謳った。1994年、女流文学賞受賞。同作品はベストセラーとなり、映画化の話が持ち上がった。また、2009年には講談社インターナショナルより英訳版『The Apprenticeship of Big Toe P』が刊行された。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第47回 文學界新人賞 / 第59回 読売文学賞小説賞

松浦 理英子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

最愛の子ども



文藝春秋

最愛の子ども (文春e-book)



文藝春秋 2017-04-28
日夏(ひなつ)と真汐(ましお)と空穂(うつほ)。夫婦同然の仲のふたりに、こどものような空穂が加わった。私立玉藻(たまも)学園高等部2年4組の中で、仲睦まじい3人は〈

奇貨(新潮文庫)



新潮社 2015-07-24
男友達もなく女との恋も知らない変わり者の中年男・本田をとらえたのは、レズビアンの親友・七島の女同士の恋と友情だった。女たちの世界を観察することに無上の喜びを見出す本田だが、やがて欲望は奇怪にねじれ……

ナチュラル・ウーマン



河出書房新社

奇貨 (新潮文庫)



新潮社 2015-01-28

奇貨



新潮社
未読本。

現代思想 2016年8月臨時増刊号 総特集◎プリンス1958-2016



青土社 2016-07-27
時代をまとったミュージシャン「プリンス」。世界中がパープル・レインに咽び泣いた訃報。数々の偉業と人びとの熱狂に彩られながらプリンスは世界をどこに連れていこうとしたの

松浦 理英子の著書を検索する

松浦 理英子の関連ニュース


松浦 理英子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、松浦 理英子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「松浦 理英子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.