眉村 卓

(マユムラ・タク)
眉村 卓(まゆむら たく、1934年10月20日(81歳) - )は、日本のSF作家。本名は村上 卓児(むらかみ たくじ)。代表作「司政官シリーズ」で1979年に泉鏡花文学賞を、同年と1996年に星雲賞日本長編部門を受賞している。 1934年に大阪府大阪市西成区で生まれる。大阪府立住吉高校を経て1957年大阪大学経済学部卒業後、大阪窯業耐火煉瓦株式会社(のちの株式会社ヨータイ)に入社、日生工場(現岡山県備前市日生町)転勤。1958年に大阪窯業耐火煉瓦を退社、株式会社大広の嘱託コピーライターとなる一方で、1960年からSF同人誌『宇宙塵』に参加する。1961年に「下級アイディアマン」が第1回空想科学小説コンテスト(のちのハヤカワ・SFコンテスト)に佳作入選しデビューする。 1963年には大広を辞め、初めての単行本である処女長編『燃える傾斜』を発表、専業作家としての活動を開始する。1979年には、『消滅の光輪』にて第7回泉鏡花文学賞および星雲賞を受賞した。1987年に『夕焼けの回転木馬』で第7回日本文芸大賞を受賞し、1996年には『引き潮のとき』で2度目となる星雲賞を受賞した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第7回 泉鏡花文学賞

眉村 卓の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

終幕のゆくえ (双葉文庫)



双葉社 2017-01-27
六七歳の柴田一郎は、独り暮らしの無聊を慰めるべく、自分史を書きはじめるのだが(「自分史」)。病院帰りに立ち寄ったビルの名店街で渡された腕時計のようなものは、自分がどのくらい嫌われているかわかるというア

タイムマシン 痛快世界の冒険文学 (2)


ハーバート・ジョージ・ウェルズ クリエイター /
講談社

終幕のゆくえ (双葉文庫)



双葉社 2016-12-15

なぞの転校生 (角川スニーカー文庫)


若菜 等 イラスト /Ki イラスト /
角川書店

なぞの転校生 (講談社文庫)



講談社 2013-12-13

なぞの転校生 (講談社文庫)



講談社 2014-01-10
岩田広一が通う中学に山沢典夫という転校生が入ってきた。典夫はギリシャ彫刻を思わせる美男子であるのに加え、成績優秀でスポーツも万能だったが、なぞめいた雰囲気を持っていた。ある日とんでもない事件を起こした

なぞの転校生 (講談社青い鳥文庫)


緒方 剛志 イラスト /
講談社

なぞの転校生



角川文庫

ねらわれた学園 (講談社文庫)



講談社 2012-09-14

ねらわれた学園 (講談社文庫)



講談社 2015-10-09
突如、阿倍野第六中学の生徒会長に立候補し、鮮やかに当選してみせた高見沢みちる。それまで目立たない存在だった彼女は、魅力的な微笑と不思議な力で学園を支配していく。美しい顔に覆い隠された彼女の正体と真の狙

眉村 卓の著書を検索する

眉村 卓の関連ニュース


眉村 卓のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、眉村 卓と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「眉村 卓」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.