道浦 母都子

(ミチウラ・モトコ)
道浦 母都子(みちうら もとこ、1947年9月9日 - )は、歌人。『未来』選者。 和歌山県和歌山市生まれ。大阪府吹田市在住。大阪府立北野高等学校を経て、1972年早稲田大学第一文学部演劇学科卒業。大学在学中の1971年短歌結社『未来』に入会し、近藤芳美に師事。1980年、全共闘運動に関わった学生時代を歌った歌集『無援の抒情』を発表し、第25回現代歌人協会賞を受賞する。2008年、和歌山県文化賞受賞。静岡新聞、中国新聞、信濃毎日新聞歌壇選者。2003年から2011年まで、吹田市教育委員を務めた。 主な著書 歌集 『無援の抒情』(1980・雁書館、2000・岩波現代文庫、新装版:2015・ながらみ書房) 『水憂』(1986・雁書館) 『ゆうすげ』(1987・雁書館) 『風の婚』(1991・河出書房新社) 『夕駅』(1997・河出書房新社) 『現代歌人文庫 道浦母都子歌集』(1998・砂子屋書房) 『青みぞれ』(1999・短歌研究社) 『花やすらい』(2008・角川学芸出版) 『はやぶさ』(2013・砂子屋書房)小説 『花降り』(2007・講談社) 『光の河』(2014・潮出版社)評論・エッセイ 『吐魯番の絹』(1988・學藝書林) 『男流歌人列伝』(1993・岩波書店) 『四十代、今の私がいちばん好き』(1994・岩波書店) 『食のうた歳時記』(1995・彌生書房) 『乳房のうたの系譜』(1995・筑摩書房) 『本のオアシス』(1996・岩波書店) 『群青の譜』(2000・河出書房新社) 『季節の森の物語』(2000・朝日新聞社) 『母ともっちゃん』(2001・岩波書店) 『女歌の百年』(2002・岩波新書) 『声のさざなみ』(2002・文化出版局) 『百年の恋』(2003・小学館) 『歌日記 花眼の記』(2004・本阿弥書店) 『たましいを運ぶ舟』(2010・岩波書店)共著 『女うた 男うた』(1991・リブロポート、坪内稔典共著) 『対談集 いのちの言葉』(2005・三輪書店、徳永進との対談) 『新版 古寺巡礼京都14 鞍馬寺』(2007・淡交社、信楽香仁共著) 代表歌 神田川流れ流れていまはもうカルチェラタンを恋うこともなき(『無援の抒情』) 催涙ガス避けんと秘かに持ち来たるレモンが胸で不意に匂えり(『無援の抒情』) 全存在として抱かれいたるあかときのわれを天上の花と思わむ(『ゆうすげ』) 四十代この先生きて何がある風に群れ咲くコスモスの花(『風の婚』)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

道浦 母都子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ふるさと60年 (日本傑作絵本シリーズ)


金 斗鉉 イラスト /
福音館書店

うた燦燦



幻戯書房

新版 古寺巡礼京都〈14〉鞍馬寺


梅原 猛 監修 /
淡交社

無援の抒情



ながらみ書房 2015-10-08


道浦 母都子の著書を検索する

道浦 母都子の関連ニュース


道浦 母都子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、道浦 母都子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「道浦 母都子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.