三木 清

(ミキ・キヨシ)
三木 清(みき きよし、1897年1月5日 - 1945年9月26日)は、(西田左派を含めた上での)京都学派の哲学者。弟に中国文学者の三木克己がいる。 生涯 兵庫県揖保郡平井村小神(後の龍野市、現・たつの市揖西町)出身。旧制龍野中学校では、西田正雄(後の海軍大佐、戦艦比叡の最後の艦長)が同級生で、三木は次席で西田が首席であった。第一高等学校から京都帝国大学に進み、西田幾多郎に師事する。大学在学中は西田のみならず東北帝国大学から転任してきた田辺元や左右田喜一郎らからも多くの学問的影響を受けた。大学卒業後は大谷大学、龍谷大学で教鞭をとる。 1922年には岩波茂雄の資金的な支援を受けてドイツに留学。ハイデルベルク大学でハインリヒ・リッケルトのゼミナールに参加し、歴史哲学を研究した。1923年にはマールブルク大学に移り、マルティン・ハイデッガーに師事。ニコライ・ハルトマンの講義にも出席した。ハイデッガーの助手カール・レーヴィットからの影響でフリードリヒ・ニーチェやセーレン・キェルケゴールの実存哲学への興味を深めた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三木 清の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人生論ノート



新潮社 2013-07-01
死について、幸福について、懐疑について、偽善について、個性について、など23題――ハイデッガーに師事し、哲学者、社会評論家、文学者として昭和初期における華々しい存在であった三木清の、肌のぬくもりさえ感

人生論ノート 他二篇 (角川ソフィア文庫)



KADOKAWA / 角川学芸出版 2017-03-25
如何に生きるか?生きるとは何か?愛と死、幸福と嫉妬、瞑想と懐疑、孤独と感傷、虚栄と名誉心、利己主義と偽善、旅と個性…、透徹した真摯な眼差しで人生の諸相を思索する。近代と現代の狭間で人生の処

哲学入門



2012-10-04
このコンテンツは日本国内ではパブリックドメインの作品です。印刷版からデジタル版への変換はボランティアによって行われたものです。

哲学入門 (岩波新書)



岩波書店

三木清教養論集 (講談社文芸文庫)


大澤聡 編集 /
講談社 2017-04-21
「教養といわれるのは単に専門的乃至職業的知識のことでなく、人間が真に人間らしくなるために必要な知識のことである。」ファシズムが台頭する昭和初期の日本社会で、のびやかに思考し時代と共に息づく教養の重要性

三木清教養論集 (講談社文芸文庫)


大澤 聡 編集 /
講談社


三木 清の著書を検索する

三木 清の関連ニュース


三木 清のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三木 清と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三木 清」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.