三木 露風

(ミキ・ロフウ)
三木 露風(みき ろふう、1889年(明治22年)6月23日 - 1964年(昭和39年)12月29日)は、日本の詩人、童謡作家、歌人、随筆家。本名は三木 操(みき みさお)。異父弟に映画カメラマンの碧川道夫がいる。 近代日本を代表する詩人・作詞家として、北原白秋と並び「白露時代」と称された。若き日は日本における象徴派詩人でもあった。 兵庫県揖西郡龍野町(現在のたつの市)に父・三木節次郎、母・かたの長男として生まれた。5歳の時に両親が離婚し、祖父の元に引き取られ、育てられた。 小・中学生時代から詩や俳句・短歌を新聞や雑誌に寄稿、17歳で処女詩集を、20歳で代表作の『廃園』を出版するなど早熟の天才であり、北原白秋とともに注目された。龍野中学校中退後上京し、早稲田大学および慶應義塾大学で学んだ。 1918年頃から鈴木三重吉の赤い鳥運動に参加し童謡を手掛ける。1921年には、童謡集『真珠島』を出版した。この中の「赤とんぼ」は山田耕筰によって作曲され、広く知られている。また、1916年から1924年まで北海道上磯町(現・北斗市)のトラピスト修道院で文学講師を務めた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三木 露風の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

赤とんぼ―三木露風童謡詩集


福嶋朝治 編集 /雨田 光弘 イラスト /
ネット武蔵野

三木露風 (1985年) (日本の詩)


松浦 直巳 編集 /
ほるぷ出版

三木露風詩集 廃園他



飛鳥電子出版 2015-09-13
 明治・大正・昭和に渡る日本の愛蔵版と称される名詩集の中でも、未だ青空文庫などでデータ入力作業がなされておらず公開されていないものが多々あります。「三木露風詩集 廃園他」は三木

三木露風詩集 (世界の詩 30)


岡崎 義恵 編さん /
彌生書房
16歳で詩壇に登場し、北原白秋と並んで近代象徴詩の樹立に不朽の道標を置いた三木露風の「廃園」「寂しき曙」「白き手の猟人」その他の詩集から、抒情詩・象徴詩の名品を選んで一冊とする。

三木露風全集 (第2巻)



日本図書センター

三木露風全集


安部 宙之介 編さん /
日本図書センター

真珠島



アルス


三木 露風の著書を検索する

三木 露風の関連ニュース


三木 露風のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三木 露風と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三木 露風」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.