三木 卓

(ミキ・タク)
三木 卓(みき たく、1935年5月13日 - )は日本の詩人、小説家。
本名、冨田三樹。東京都に生まれるが、新聞記者だった父に連れられて一家で大連に移住、幼年期を過ごす。しかし敗戦で引き揚げを余儀なくされ、帰国途中で父、祖母らを亡くす。この時の体験が三木文学の根底をなしている生死の影の濃いエロティシズムの遠因と思われる(この辺りの情景は「砲撃のあとで」「ほろびた国の旅」に詳しい)。
帰国後は静岡県に育ち、母子家庭の貧困と左足の障害に苦しみながら、静岡県立静岡高等学校を経て、早稲田大学文学部露文科卒業(この少年期の記憶を辿った連作が「はるかな町」である)。
就職の後、江東区に居を構え、1967年に詩集『東京午前三時』でH氏賞、1970年に詩集『わがキディ・ランド』で高見順賞受賞。ロシア文学の翻訳も手がける。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第69回 芥川賞 / 第51回 読売文学賞小説賞 / 第33回 谷崎潤一郎賞 / 第22回 野間児童文芸賞

三木 卓の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

ふたりはともだち (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

ふたりはいっしょ (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

ふたりはいつも (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

萩原朔太郎詩集 (ハルキ文庫)


北川 透 編集 /
角川春樹事務所

ふたりはきょうも (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

ふくろうくん (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

ふくろうくん (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局

ふたりはともだち Frog and Toad Are Friends (英語・日本語CD付き)


音楽:谷川賢作 その他 /三木 卓 翻訳 /
ラボ教育センター

しりたがりやのこぶたくん (こぶたくんのおはなしシリーズ)


アーノルド ローベル イラスト /Jean Van Leeuwen 原著 /Arnold Lobel 原著 /三木 卓 翻訳 /
童話館出版

とうさん おはなしして (ミセスこどもの本)


三木 卓 翻訳 /
文化出版局


三木 卓の著書を検索する

三木 卓の関連ニュース


三木 卓のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三木 卓と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三木 卓」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.