南方 熊楠

(ミナカタ・クマグス)
南方 熊楠(みなかた くまぐす、1867年5月18日(慶応3年4月15日) - 1941年(昭和16年)12月29日)は、日本の博物学者、生物学者(特に菌類学)、民俗学者。 菌類学者としては粘菌の研究で知られている。主著『十二支考』『南方随筆』など。投稿論文や書簡が主な執筆対象であったため、平凡社編集による全集が刊行された。18言語を解し、「歩く百科事典」と呼ばれ、熊楠の言動や性格が奇抜で人並み外れたものであるため、後世に数々の逸話を残している。 南方熊楠は和歌山県に生まれ、東京での学生生活の後に渡米、さらにイギリスに渡って大英博物館にはいる。多くの論文を著し、大学者として名を知られたが、生涯を在野で過ごした。 熊楠の学問大系は博物学、特に植物学を基礎とするが、その学風は、ひとつの分野に関連性のある全ての学問を知ろうとする膨大なものであり、土蔵や那智山中にこもっていそしんだ研究からは、曼荼羅にもなぞらえられる知識の網が生まれた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

南方 熊楠の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

南方マンダラ (河出文庫)


中沢 新一 編集 /
河出書房新社

『南方熊楠作品集・18作品⇒1冊』【さし絵23枚】



南方熊楠作品集・出版委員会 2015-07-12
「十二支考」「人柱の話」。歩く百科事典と呼ばれた、博物学者であり粘菌の研究者でもある南方熊楠の「18作品」を、原作オリジナルのさし絵をそえて1冊に収録。目次一覧から目当ての作品に移動することが可能です

南方熊楠英文論考「ネイチャー」誌篇


飯倉 照平 監修 /松居 竜五 翻訳 /中西 須美 翻訳 /田村 義也 翻訳 /
集英社

森の思想 (河出文庫)


中沢 新一 編集 /
河出書房新社

南方熊楠/柳田國男/折口信夫/宮本常一 池澤夏樹=個人編集 日本文学全集



河出書房新社 2017-05-05
民衆の紐帯であり自然の宝庫でもある社(やしろ)の破壊に反対する、南方熊楠の画期的論考「神社合祀に関する意見」。伊良湖岬の浜辺で目にした椰子の実から日本人の来し方を想起する、柳田國男「海上の

南方熊楠随筆集 (ちくま学芸文庫)


益田 勝実 編集 /
筑摩書房


南方 熊楠の著書を検索する

南方 熊楠の関連ニュース


南方 熊楠のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、南方 熊楠と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「南方 熊楠」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.