源 実朝

(ミナモトノ・サネトモ)
源 実朝(みなもと の さねとも、實朝)は、鎌倉時代前期の鎌倉幕府第3代征夷大将軍。 鎌倉幕府を開いた源頼朝の四男(頼朝の子としては第6子で四男、政子の子としては第4子で次男)として生まれ、兄の頼家が追放されると12歳で征夷大将軍に就く。政治は始め執権を務める北条氏などが主に執ったが、成長するにつれ関与を深めた。官位の昇進も早く武士として初めて右大臣に任ぜられるが、その翌年に鶴岡八幡宮で頼家の子公暁に暗殺された。これにより鎌倉幕府の源氏将軍は断絶した。 歌人としても知られ、92首が勅撰和歌集に入集し、小倉百人一首にも選ばれている。家集として金槐和歌集がある。小倉百人一首では鎌倉右大臣とされている。 生涯 将軍就任 建久3年(1192年)8月9日巳の刻、源頼朝の次男として鎌倉名越の北条時政の屋敷・浜御所で生まれる。幼名は千幡。母は頼朝の流人時代に妻となっていた北条政子。乳母は政子の妹である阿波局が選ばれ、大弐局ら御所女房が介添えをした。千幡は若公として誕生から多くの儀式で祝われた。12月5日、頼朝は千幡を抱いて御家人の前に現れると、「みな意を一つにして将来を守護せよ」と述べ面々に千幡を抱かせた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

源 実朝の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

校註金槐和歌集(補訂版)


水垣久 編集 /
やまとうたeブックス 2015-06-12
金槐和歌集の校注本として画期的な著作を、電子書籍として復刊!! 昭和6年に明治書院より刊行された佐佐木信綱著『校註金槐和歌集』(改訂版)に、増補・訂正を加えて電子書籍化したもの

金槐和歌集



覆刻堂

金槐和歌集



森与重

金槐和歌集



すみや書店

金槐和歌集 3巻 [1]


源 実朝 その他 /
Kindleアーカイブ 2016-02-12
原本出版年:1687 原本出版者:北村四郎兵衛本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本とし

金槐和歌集 3巻 [3]


源 実朝 その他 /
Kindleアーカイブ 2016-02-12
原本出版年:1687 原本出版者:北村四郎兵衛本電子書籍は、国立国会図書館が所蔵し、インターネット上に公開している資料で、著作権保護期間が満了したタイトルの画像データを、Kindle本とし

源 実朝の著書を検索する

源 実朝の関連ニュース


源 実朝のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、源 実朝と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「源 実朝」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.