源 順

(ミナモトノ・シタゴウ)
源 順(みなもと の したごう、延喜11年(911年) - 永観元年(983年))は、平安時代中期の学者・歌人・貴族。嵯峨源氏、大納言・源定の曾孫。左馬允・源挙(みなもと の こぞる)の次男。官位は従五位上・能登守。 嵯峨天皇の子であった大納言源定を祖とし、その子源至は左京大夫に進んだ。だが、至の子である挙は正七位下相当にしか進めず、しかも延長8年(930年)には急死している。 順は若い頃から奨学院において勉学に励み博学で有名で、承平年間(930年代半ば)に20歳代にして日本最初の分類体辞典『和名類聚抄』を編纂した。漢詩文に優れた才能を見せる一方で和歌に優れ、天暦5年(951年)には和歌所の寄人となり、梨壺の五人の一人として『万葉集』の訓点作業と『後撰和歌集』の撰集作業に参加した。天徳4年(960年)の内裏歌合にも出詠しており、様々な歌合で判者(審判)を務めた。特に斎宮女御・徽子女王とその娘・規子内親王のサロンには親しく出入りし、貞元2年(977年)の斎宮・規子内親王の伊勢国下向の際も群行に随行している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

源 順の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

倭名類聚抄―元和三年古活字版二十巻本



勉誠社
倭名類聚抄―元和三年古活字版二十巻本

水力学



工業雑誌社


源 順の著書を検索する

源 順の関連ニュース


源 順のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、源 順と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「源 順」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.