源 義家

(ミナモトノ・ヨシイエ)
源 義家(みなもと の よしいえ)は、平安時代後期の武将。伊予守源頼義の長男。八幡太郎(はちまんたろう)の通称でも知られる。後に鎌倉幕府を開いた源頼朝、室町幕府を開いた足利尊氏などの祖先に当たる。 比叡山等の強訴の頻発に際し、その鎮圧や白河天皇の行幸の護衛に活躍するが、陸奥国守となった時、清原氏の内紛に介入して後三年の役を起こし、朝廷に事後承認を求める。その後約10年間は閉塞状態であったが、白河法皇の意向で院昇殿を許された。 その活動時期は摂関政治から院政に移り変わる頃であり、政治経済はもとより社会秩序においても大きな転換の時代にあたる。このため歴史学者からは、義家は新興武士勢力の象徴ともみなされ、後三年の役の朝廷の扱いも「白河院の陰謀」「摂関家の陰謀」など様々な憶測がされてきた。生前の極位は正四位下。 生涯 出生と没年 生没とも諸説あるが、68歳で死去とする史料が多く、没年は、史料としての信頼性が最も高い『中右記』嘉承元年(1106年)7月15日条から逆算し、長暦3年(1039年)の生まれとする説が有力である。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

源 義家の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

源 義家の著書を検索する

源 義家の関連ニュース


源 義家のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、源 義家と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「源 義家」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.