三砂 ちづる

(ミサゴ・チズル)
三砂 ちづる(みさご ちづる、1958年9月 - )は、日本の疫学者。津田塾大学国際関係学科教授。山口県光市生まれ。 山口県で生まれ、兵庫県西宮市で育つ。1981年京都薬科大学卒業。1999年ロンドン大学Ph.D.(疫学)。ロンドン大学衛生熱帯医学院研究員、JICA疫学専門家として活動。2001年国立公衆衛生院(国立保健医療科学院)疫学部勤務を経て、2004年津田塾大学教授。 著書 『昔の女性はできていた―忘れられている女性の身体に“在る”力』宝島社、2004年 のち文庫 2008年 『オニババ化する女たち―女性の身体性を取り戻す』光文社新書、2004年  『疫学への招待―周産期を例として』医学書院、2005年  『コミットメントの力 人と人がかかわるとき』 NTT出版、2007年 『月の小屋』毎日新聞社、2008年 『きものとからだ』バジリコ、2008年 (のち改題『きものは、からだにとてもいい』(講談社+α文庫) 2013年) 『タッチハンガー がんばり続けてなお、満たされないあなたへ』マガジンハウス、2009年 『抱きしめられたかったあなたへ』講談社+α文庫 『産みたい人はあたためて』飛鳥新社、2009年 『不完全燃焼、ベビーバギー、そして暴力の萌芽について』毎日新聞社 2009年 『不機嫌な夫婦 なぜ女たちは「本能」を忘れたのか』朝日新書 2012 『五感を育てるおむつなし育児』中野美和子 医学監修 和田知代 実践指導 主婦の友社 2013 『太陽と月の物語』春秋社 2013 『女を生きる覚悟』KADOKAWA 2014 『女が女になること』藤原書店 2015 共編著 『女は毎月生まれかわる―からだと心が元気になる「月経血コントロール」ゆる体操』 高岡英夫との共著、ビジネス社 2004年 『生きがいの女性論 - 人生に満たされていないあなたへ』飯田史彦共著、PHP研究所、2006年 『だきしめてスローラブ ゆるやかにしなやかに男と女の性と愛』 辻信一共著、集英社 2006年 『身体知―身体が教えてくれること』内田樹共著、バジリコ 2006年 のち講談社+α文庫  『歴史と記憶 場所・身体・時間』赤坂憲雄、玉野井麻利子共著、藤原書店 2008年 『ゆる体操で月経☆美人 子宮をゆるめてキレイ&快適』(高岡英夫著・巻末対談あり)アスペクト 2008年 『赤ちゃんにおむつはいらない 失われた育児技法を求めて』(編著)勁草書房 2009年 『女子学生、渡辺京二に会いに行く』津田塾大学三砂ちづるゼミ著 亜紀書房 2011 のち文春文庫 『女子の遺伝子』よしもとばなな共著 亜紀書房 2013 訳書 Phyllis K. Danis『パワー・オブ・タッチ』メディカ出版、2003  Phyllis K. Danis『わたしにふれてください』葉祥明絵 大和出版、2004  パウロ・フレイレ『新訳被抑圧者の教育学』亜紀書房 2011 脚注 外部リンク Misago Chizuru | 世界の 変革は あたたかい からだ から。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三砂 ちづるの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

死にゆく人のかたわらで ガンの夫を家で看取った二年二カ月 (幻冬舎単行本)



幻冬舎 2017-03-08
よく生きることと、よく死ぬことは、同じこと。在宅介護、延命治療、夫婦の絆……。夫との最後の日々が教えてくれた、人生の真実。「ガンの夫を家で看取った。夫はわたしの腕の

がん患者自立学



晶文社

オニババ化する女たち~女性の身体性を取り戻す~ (光文社新書)



光文社 2013-12-20
行き場を失ったエネルギーが男も女も不幸にする!? 女性保健の分野で活躍する著者が、軽視される性や生殖、出産の経験の重要性を説き、身体の声に耳を傾けた生き方を提案する。

被抑圧者の教育学―新訳


三砂 ちづる 翻訳 /
亜紀書房


三砂 ちづるの著書を検索する

三砂 ちづるの関連ニュース


三砂 ちづるのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三砂 ちづると関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三砂 ちづる」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.