三島 由紀夫

(ミシマ・ユキオ)
三島 由紀夫(みしま ゆきお、本名:平岡 公威(ひらおか きみたけ)、1925年(大正14年)1月14日 - 1970年(昭和45年)11月25日)は、日本の小説家・劇作家・随筆家・評論家・政治活動家・皇国主義者。血液型はA型。戦後の日本文学界を代表する作家の一人であると同時に、ノーベル文学賞候補になるなど、日本語の枠を超え、海外においても広く認められた作家である。『Esquire』誌の「世界の百人」に選ばれた初の日本人で、国際放送されたTV番組に初めて出演した日本人でもある。 満年齢と昭和の年号が一致し、その人生の節目や活躍が昭和時代の日本の興廃や盛衰の歴史的出来事と相まっているため、「昭和」と生涯を共にし、その時代の持つ問題点を鋭く照らした人物として語られることが多い。 代表作は小説に『仮面の告白』『潮騒』『金閣寺』『鏡子の家』『憂国』『豊饒の海』など、戯曲に『鹿鳴館』『近代能楽集』『サド侯爵夫人』などがある。修辞に富んだ絢爛豪華で詩的な文体、古典劇を基調にした人工性・構築性にあふれる唯美的な作風が特徴。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第8回 読売文学賞小説賞

三島 由紀夫の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

金閣寺



新潮社

金閣寺 (新潮文庫)



新潮社

潮騒 (新潮文庫)



新潮社

潮騒



新潮社

不道徳教育講座 (角川文庫)



角川書店
不道徳教育講座 (角川文庫) [文庫] [Nov 17, 1967] 由紀夫, 三島

不道徳教育講座



角川書店
三島由紀夫が井原西鶴の『本朝二十不孝』にならって書いたユーモラスな逆説的道徳のすすめ。ウソ、いじめ、忘恩などの悪徳を奨励し、内的欲求を素直に表現することで、近代文明社会が失った健全な精神を取り戻そうと

三島 由紀夫の著書を検索する

三島 由紀夫の関連ニュース


三島 由紀夫のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三島 由紀夫と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三島 由紀夫」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.