三田 誠広

(ミタ・マサヒロ)
三田 誠広(みた まさひろ、1948年6月18日-)は、日本の小説家。日本文藝家協会副理事長。日本文藝著作権センター事務局長。著作権問題を考える創作者団体協議会議長。歴史時代作家クラブ会員。 早稲田大学客員教授を経て、武蔵野大学教授。 来歴・人物 大阪府出身。私立追手門学院小学校、同中学校を卒業。大阪府立大手前高等学校で岩脇正人、佐々木幹郎、山崎博昭らの学生運動に参加する。2年生のとき不登校となり、1年間休学し、読書と思索の日々を送っていたとき書いた小説『Mの世界』で文藝学生小説コンクール佳作入選し、18歳の誕生日を前にして文壇にデビュー。早稲田大学第一文学部演劇専修卒業後、広告プロダクションでのサラリーマン生活を経て1977年、『僕って何』で芥川賞受賞。1988年から早稲田大学で教鞭をとり、1997年~2001年と2005年~2007年には早稲田大学文学部客員教授を務めた。その後2009年~2011年武蔵野大学客員教授、2011年から武蔵野大学教授。 芥川賞受賞作『僕って何』は早稲田大学在学当時に経験した学生運動をモチーフにした作品だが、当時本人は特定のセクトに属さずクラス単位での活動に参加。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第77回 芥川賞

三田 誠広の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三田 誠広の著書を検索する

三田 誠広の関連ニュース


三田 誠広のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三田 誠広と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三田 誠広」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.