光原 百合

(ミツハラ・ユリ)
光原 百合(みつはら ゆり、本名同じ、1964年5月6日 - )は、日本の小説家。尾道市立大学芸術文化学部日本文学科教授。絵本・詩・翻訳も手掛けている。 広島県尾道市生まれ。1982年広島県立尾道東高等学校卒業。1987年大阪大学文学部英文科卒業。1996年同大学院博士後期課程単位取得満期退学(英語学専攻)。 1980年代から「詩とメルヘン」に投稿を続けて童話や詩集を発表し、1990年代からは吉野桜子名義で推理小説の短編も発表していた。1998年、『時計を忘れて森へいこう』で推理小説界に公式デビューした。以降、寡作ではあるが日常の謎系の推理作品を発表し続け、2002年には短編小説「十八の夏」で第55回日本推理作家協会賞短編部門を受賞した。その頃より演劇にも興味を持ち、『最後の願い』の舞台として小劇団をとりあげている。 尾道短期大学講師、同助教授、尾道大学芸術文化学部講師、尾道市立大学芸術文化学部教授。英語を教えるほか、専門演習などで創作指導をしており、推理小説研究部の顧問として後進を指導している。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

光原 百合の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

光原 百合の著書を検索する

光原 百合の関連ニュース


光原 百合のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、光原 百合と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「光原 百合」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.