箕作 元八

(ミツクリ・ゲンパチ)
箕作 元八(みつくり げんぱち、文久2年5月29日(1862年6月26日)- 大正8年(1919年)8月9日)は、江戸生まれの日本の男性歴史学者。 東京帝国大学動物学科卒。留学先のドイツフライブルク大学で近眼のため顕微鏡を使うのに困難を感じ、西洋史学の研究に転向した。 ハイデルベルク大学・テュービンゲン大学などでトライチュケやランケの指導を受け1891年(明治24年)テュービンゲン大学で博士号取得。 1892年(明治25年)に帰国。高等師範学校教授となり、1893年(明治26年)には第一高等中学校教授となる。更に1900年(明治33年)から翌年にかけてフランスなどに留学し、政治史やフランス革命の研究にあたる。帰国後の1902年(明治35年)、東京帝国大学教授となり近代フランス史を講義、『西洋史講話』や『仏蘭西大革命史』、『ナポレオン時代史』などを著しながら、西洋史研究の重要性を歴史学界に認めさせた功績は大きい。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

箕作 元八の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

箕作元八滞欧「箙梅日記」



東京大学出版会

西洋史講話



開成館

ナポレオン時代史



富山房


箕作 元八の著書を検索する

箕作 元八の関連ニュース


箕作 元八のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、箕作 元八と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「箕作 元八」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.