光瀬 龍

(ミツセ・リュウ)
光瀬 龍(みつせ りゅう、1928年3月18日 - 1999年7月7日)は、日本のSF作家。本名は飯塚 喜美雄。元の姓は千葉で、結婚する際に妻の姓に改めた。 東京府北豊島郡南千住大字千住南に生まれ、1933年から1945年3月まで板橋区練馬南町に育つ。東京市開進第三国民学校5年生のときに海野十三の短編集『十八時の音楽浴』を読み、強い感銘を受ける。 川村学院中学校在学中、1945年4月、岩手県胆沢郡前沢町(現・奥州市)に疎開。岩手育ちと自称していたが、実際に岩手ですごしたのは17歳から20歳までの三年間のみである。この間、光瀬は一関中学校(現・一関第一高等学校)に学び、1948年3月に同校を修了するまで青春期のひとときを謳歌している。前沢町は父母の出身地でもあり、光瀬の中では「郷里」という意識が少なからずあったらしい。また、父方は桓武平氏千葉氏の子孫、母方は東北の覇者だった安倍氏の子孫であるとも称しており、これも同地へよせる愛着と郷土意識のゆえである可能性がある。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

光瀬 龍の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

百億の昼と千億の夜 (ハヤカワ文庫JA)



早川書房 2012-08-01
西方の辺境の村にて「アトランティス王国滅亡の原因はこの世の外にある」と知らされた哲学者プラトンは、いまだ一度も感じたことのなかった不思議な緊張と不安を覚えた……プラトン、悉達多、ナザレのイエス、そして

百億の昼と千億の夜 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-08-26
ギリシアの哲人プラトン、釈迦国の王子悉達多、ナザレの救世主イエス。彼らは世界の破滅を感知し、この世界を外から支配する超越者の存在を知る。幾千億の宇宙と人類の存亡をかけ、紀元前の過去から未来までの時空間

夕ばえ作戦 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-08-22
木かげから飛び出した茂は、声のした方に向けて懐中電灯をすばやく点滅させる。その瞬間、闇にひそんでいた風魔忍者は目がくらみ、屋根からころがり落ちた。だが、そこには茂がばらまいておいたカンシャク玉が……。

宇宙年代記 【合本版】 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2016-04-25
《むかし――それはおそらく何億年も前のことだろう。太陽という天体があって――》すべての伝説はこんな風に語られてゆくのだった。三カ月で死者の数二万人。全滅の危機に直面したシティの

明日への追跡 (角川文庫)



KADOKAWA
あいつが転校してきてから、妙なことが起こりすぎる……。陽気な五郎がトラックにぶつかって死んだ。秀才肌の北島が川に飛びこんで自殺した。二人とも〈あいつの秘密をバラしたから殺される!〉と、死ぬ前に奇妙なこ

光瀬 龍の著書を検索する

光瀬 龍の関連ニュース


光瀬 龍のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、光瀬 龍と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「光瀬 龍」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.