三浦 明博

(ミウラ・アキヒロ)
三浦 明博(みうら あきひろ、1959年5月28日 - )は、日本の小説家、コピーライター。 宮城県栗原郡築館町(現在の栗原市)出身。明治大学商学部卒業。仙台市の広告会社でコピーライターとして勤務後、1989年に独立。現在はフリーランスで活動している。 2000年、シンククエスト@ジャパン学際部門、小学生向けのインターネット環境教育ソフト『ふしぎのとびら』でプラチナ賞受賞。同年、第46回江戸川乱歩賞最終候補。 2002年、「亡兆のモノクローム」(刊行時『滅びのモノクローム』に改題)で第48回江戸川乱歩賞を受賞しデビューする。 作品リスト 滅びのモノクローム(2002年8月 講談社 / 2005年8月 講談社文庫) 死水(2003年8月 講談社 / 2007年7月 講談社文庫) サーカス市場(2006年3月 講談社 / 2009年3月 講談社文庫) 罠釣師(2006年6月 文藝春秋) コワレモノ(2008年6月 サンガ) 失われた季節に(2008年9月 講談社) 感染広告(2010年2月 講談社 / 2012年3月 講談社文庫) 黄金幻魚(2011年4月 講談社) 盗作の報酬(2012年5月 講談社) 五郎丸の生涯(2012年7月 講談社)。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第48回 江戸川乱歩賞

三浦 明博の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

滅びのモノクローム (講談社文庫)



講談社
   骨董市で買った古い釣り用リール。それと共に入手した柳行李(やなぎごうり)に昔のフィルムが入っていた。好奇心に駆られたコピーライターの日下哲は、フィルムの再現を試みる。過去の映像が現代に蘇ったその

滅びのモノクローム (講談社文庫)



講談社 2013-11-22
CM制作者・日下(くさか)が骨董市で偶然手に入れた、古いフライフィッシング用のリールとスチール缶。その中から発見した16ミリフィルムの映像をCMに利用しようと考えた日下だったが、そのことが戦時中の封印

滅びのモノクローム



講談社
   骨董市で買った古い釣り用リール。それと共に入手した柳行李(やなぎごうり)に昔のフィルムが入っていた。好奇心に駆られたコピーライターの日下哲は、フィルムの再現を試みる。過去の映像が現代に蘇ったその

ゴッド・スパイダー



講談社 2016-10-28
2兆円の発明も、一晩でゼロになる。研究者の日々野は、成功すれば世界初となる人工蜘蛛糸の量産化研究に邁進していた。しかしある日、大学時代の友人・片桐が量産化に成功する。彼は大学在学中、イントラネットへの

五郎丸の生涯



講談社

五郎丸の生涯



講談社 2012-12-21
乱歩賞作家が問う人間という生き物。秋田犬・五郎丸は、いく人かの飼い主を得ることになった。その生涯は幸せだったのか。乱歩賞作家が動物を通して人間を描いた連作集。

死水 (講談社文庫)



講談社


三浦 明博の著書を検索する

三浦 明博の関連ニュース


三浦 明博のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三浦 明博と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三浦 明博」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.