三浦 綾子

(ミウラ・アヤコ)
三浦 綾子(みうら あやこ、1922年4月25日 - 1999年10月12日)は、日本の女性作家。 北海道旭川市出身。旧姓堀田。 結核の闘病中に洗礼を受けた後、創作に専念する。 故郷である北海道旭川市に三浦綾子記念文学館がある。 1922年4月25日(大正11年)に堀田鉄治とキサの第五子として北海道旭川市に生まれる。両親と九人兄弟姉妹と共に生活した。1935年に妹の陽子が夭逝する。1939年、旭川市立高等女学校卒業。その後歌志内町・旭川市で7年間小学校教員を勤めたが、終戦によりそれまでの国家のあり方や、自らも関わった軍国主義教育に疑問を抱き、1946年に退職。この頃肺結核を発病する。1948年、北大医学部を結核で休学中の幼なじみ、前川正に再会し、文通を開始。前川は敬虔なクリスチャンであり、三浦に多大な影響を与えた。1952年に結核の闘病中に小野村林蔵牧師より洗礼を受ける。1954年、前川死去。1959年に旭川営林局勤務の三浦光世と結婚。光世は後に、綾子の創作の口述筆記に専念する。 1961年、『主婦の友』募集の第1回「婦人の書いた実話」に「林田律子」名義で『太陽は再び没せず』を投稿し入選。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

三浦 綾子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三浦綾子 電子全集 塩狩峠



小学館 2012-10-26
明治42年に実際に起こった鉄道事故を元にした人間のあり方と愛と信仰の物語。三浦綾子の代表作であり、多くのファンに愛される大ベストセラー作品!東京で、父と厳格な祖母に育てられた信

塩狩峠



新潮社

塩狩峠 (1968年)



新潮社

塩狩峠 (新潮文庫)



新潮社

塩狩峠



新潮社 2012-01-11
結納のため、札幌に向った鉄道職員永野信夫の乗った列車は、塩狩峠の頂上にさしかかった時、突然客車が離れて暴走し始めた。声もなく恐怖に怯える乗客。信夫は飛びつくようにハンドブレーキに手をかけた……。明治末

三浦綾子 電子全集 夕あり朝あり



小学館 2013-04-12
日本初のドライ・クリーニング店「白洋舎」を創業した五十嵐健治の骨太な波乱に満ちた生涯を描く伝記小説。家の事情で、幼いころ生母と別れ、養子となり、一攫千金を夢見て16歳で家を飛び

氷点(上)<氷点> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2012-10-16
辻口病院長夫人・夏枝が青年医師・村井と逢い引きしている間に、3歳の娘ルリ子は殺害された。「汝の敵を愛せよ」という聖書の教えと妻への復讐心から、辻口は極秘に犯人の娘・陽子を養子に迎える。何も知らない夏枝

三浦綾子 電子全集 氷点(上)



小学館 2012-10-05
北海道旭川市を舞台に人間の「原罪」をテーマにした著者のデビュー作であり、代表作。ある夏、北海道旭川市郊外の見本林で3歳の女児が殺される。父親、辻口病院院長の啓造は出張中、母親の

氷点(上) (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング)


三浦 綾子の著書を検索する

三浦 綾子の関連ニュース


三浦 綾子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、三浦 綾子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「三浦 綾子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.