みうら じゅん

(ミウラ・ジュン)
みうら じゅん (1958年2月1日 - )は、日本の漫画家、イラストレーター。本名、三浦 純。京都府京都市生まれ。血液型:AB型。169cm(自身で公表)。妻はシンガーソングライターのbird。 東山高等学校、武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業。 職業については、エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJ、編集長、ライター、解説者など幅広い分野で活動しており、公表している職業は「イラストレーターなど」。 デビューまでの経緯 小学生時代から仏像と怪獣が好きな少年で、京都や奈良の仏像をめぐる。仏像が好きすぎて仏教系の学校に入学したが、途中でエロに興味が出て仏像に飽きる。仏像が好きな理由は、怪獣のように見上げる迫力があったからだという。 高校時代から絵描きを目指し、2浪後に武蔵野美術大学に入学する。在学中から、友人が糸井重里の事務所に勤めていたため、特に何をするでもなく入り浸り、糸井が「タダでイラストを仕上げる奴がいる」と紹介し、カットの仕事をもらっていた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

みうら じゅんの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

人生エロエロ (文春文庫)



文藝春秋 2016-06-10

人生エロエロ



文藝春秋

ユリイカ 2017年1月臨時増刊号 総特集◎みうらじゅん SINCE1958



青土社 2016-11-25
職業:「イラストレーターなど」。マンガ家、エッセイスト、小説家、ミュージシャン、評論家、ラジオDJ、タレント、ライター…いったいみうらじゅんとは何者なのか。

されど人生エロエロ



文藝春秋

さよなら私 (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2013-01-24
いいこともあれば、よくないこともある。始めがあれば、終わりもある。そもそもは何もないところから生まれ、何もないところに帰っていくだけのこと。「自分」という存在があるなんて思っているから、人生は生きづら

さよなら私 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-09-25

さよなら私



講談社


みうら じゅんの著書を検索する

みうら じゅんの関連ニュース


みうら じゅんのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、みうら じゅんと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「みうら じゅん」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.