宮部 みゆき

(ミヤベ・ミユキ)
宮部 みゆき(みやべ みゆき、1960年12月23日 - )は、日本の小説家。東京都江東区生まれ。日本推理作家協会会員。日本SF作家クラブ会員。雑誌幻影城ファンクラブ「怪の会」出身。 OL、法律事務所、東京ガス集金課勤務の後、小説家になる。1987年、「我らが隣人の犯罪」でデビューする。以後、『龍は眠る』(日本推理作家協会賞受賞)『火車』(山本周五郎賞受賞)『理由』(直木賞受賞)『模倣犯』(毎日出版文化賞特別賞受賞)などのミステリーや、『本所深川ふしぎ草紙』(吉川英治文学新人賞受賞)『ぼんくら』などの時代小説で人気作家となる。ほかに、ファンタジーやジュブナイルものの作品がある。 生い立ち 1960年12月23日、東京都江東区深川のサラリーマン家庭に生まれる。母方の祖父は木場の川並職人、父親も職人的な仕事である。深川で母方では自分で4代目の下町に育ち、現在もそこで部屋を借り、仕事場にしている。小学校2年生で父親が買ってくれた『杜子春』を1日で読む。その後は移動図書館で借りて読み、『人形の家』ルーマー・ゴッデンや『ドリトル先生』シリーズを愛読した。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第120回 直木賞 / 第6回 山本周五郎賞 / 第41回 吉川英治文学賞 / 第13回 吉川英治文学新人賞

宮部 みゆきの著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

三鬼 三島屋変調百物語四之続



日本経済新聞出版社

ミステリーの書き方 (幻冬舎文庫)



幻冬舎 2015-10-08
ミステリー最前線で活躍する作家43人が惜しげもなく披露する、極秘の執筆作法。作家志望者、ミステリーファン必読の書。日本推理作家協会 編著 赤川次郎/東直己/阿刀田高

希望荘



小学館
希望荘 単行本 – 2016/6/20 宮部 みゆき (著)

火車 (新潮文庫)



新潮社
刑事・本間俊介は、犯人確保時に負った傷のために休職していた。そんな彼に、亡くなった妻・千鶴子の親戚で銀行員の栗坂和也が意外な事を頼み込む。謎の失踪を遂げた和也の婚約者・関根彰子を探し出して欲しいという

火車



双葉社

おそろし 三島屋変調百物語事始 (角川文庫)



角川書店(角川グループパブリッシング) 2012-04-25


宮部 みゆきの著書を検索する

宮部 みゆきの関連ニュース


宮部 みゆきのウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮部 みゆきと関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮部 みゆき」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.