宮城谷 昌光

(ミヤギタニ・マサミツ)
宮城谷 昌光(みやぎたに まさみつ、1945年2月4日 - )は、日本の小説家、歴史小説・時代小説作家である。古代中国の偉人にスポットを当てた作品を得意とする。代表作に『重耳』、『孟嘗君』など。本名は宮城谷 誠一(みやぎたに せいいち)。 来歴・人物 愛知県宝飯郡三谷町(現・蒲郡市三谷町)生まれ。愛知県立時習館高等学校を経て、早稲田大学第一文学部英文学科卒業。大学卒業後、出版会社勤務や家業の土産物屋の手伝い等を経て、郷里にて英語の塾を開いていたが、作家として名が売れるまでは苦しい生活が長く続いた。当時の塾生には、英会話学校NOVAの事業を受け継いだ株式会社ジー・コミュニケーションの代表取締役会長兼社長稲吉正樹がいる。その後、立原正秋と出会い、教えを受ける。立原に「必然性のない漢字を使ってはならない」と言われたことから、日本語と漢字に向き合う日々を送ることになる。長い間、自分の言葉を探し苦しんでいた昌光は、白川静の著書に出会ったことで光明を見出すことになった。後にその白川と対談したとき「あなたは勉強家だ」と白川を驚嘆させ、「文章も清新でよろしい」と評価されている。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第105回 直木賞 / 第35回 吉川英治文学賞

宮城谷 昌光の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

合本 三国志【文春e-Books】



文藝春秋 2015-04-24
徳を失い腐敗した後漢王朝の悲劇から、壮大な叙事詩がはじまる――。月刊誌「文藝春秋」に連載され、その緻密さと迫力で大反響を呼んだ宮城谷版「三国志」が、ついに合本となって登場! 正史に基づいた、かつてない

合本 太公望【文春e-Books】



文藝春秋 2015-03-27
羌という遊牧の民の幼い集団が殺戮をのがれて生きのびた。年かさの少年は炎のなかで、父と一族の復讐をちかう。商王を殺す――。それはこの時代、だれひとり思念にさえ浮かばぬ企てであった。少年の名は「望」、のち

呉越春秋 湖底の城 五 (講談社文庫)



講談社 2016-10-14
楚王の死去を知った伍子胥は呉王・僚を討つ。公子光は呉王闔廬となり、その子・終累は太子となった。子胥は闔廬の命で呉の外交を任されている季子のもとを訪れる。季子は「斉に対して呉は事を構えずと伝えるべし」と

呉越春秋 湖底の城 一 (講談社文庫)



講談社 2013-08-23
春秋時代末期の揚子江流域で覇権を争う呉と越。越王勾践に覇を唱えさせた名将・范蠡(はんれい)の類稀な生涯を壮大なスケールで描く。春秋時代後期に覇権を争う、楚、呉、越。楚の人、伍子胥は堂々たる体躯で将来を

楽毅(一)(新潮文庫)



新潮社 2015-03-06
古代中国の戦国期、「戦国七雄」にも数えられぬ小国、中山国宰相の嫡子として生まれた楽毅は栄華を誇る大国・斉の都で己に問う。人が見事に生きるとは、どういうことかと。諸子百家の気風に魅せられ、斉の都に学んだ

楽毅〈第1巻〉



新潮社

三国志 第九巻 (文春文庫)



文藝春秋 2014-07-25
建興5年。蜀の諸葛亮(孔明)は皇帝に上表をおこない、魏を攻めるための軍を発した。そのとき書かれたのが歴史に名高い「出師の表」である。漢中に駐屯した諸葛亮は魏の太守を寝返らせるが、その太守はすぐに魏の司

宮城谷 昌光の著書を検索する

宮城谷 昌光の関連ニュース


宮城谷 昌光のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮城谷 昌光と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮城谷 昌光」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.