宮永 茂一

(ミヤナガ・モイチ)
宮永茂一(みやながもいち、1916年 - 1985年)は、兵庫県印南郡東志方村(現兵庫県加古川市)出身の農学者で、江戸時代中期の儒学者・玉田黙翁の雲孫にあたる。
宮永家は播磨国 播磨守護赤松氏を先祖とし、代々播磨国印南郡東志方近郷を領する土豪の家で室町時代は別所長治に仕えた。江戸時代は松平家や大久保家に仕え、幕末は、御三卿・一橋家の代官職を歴任する家柄である。
宮永茂一は、1916年に兵庫県印南郡に生まれ、国立神戸大学を卒業後、地元の農業改良普及事業や殖産工業などの発展に貢献。特に、タバコの生産奨励によって、多くの農家が農外所得を得ることができたという。
(Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宮永 茂一の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宮永 茂一の著書を検索する

宮永 茂一の関連ニュース


宮永 茂一のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮永 茂一と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮永 茂一」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.