宮尾 登美子

(ミヤオ・トミコ)
宮尾 登美子(みやお とみこ、1926年4月13日 - 2014年12月30日)は、日本の小説家。高知県高知市生まれ。高坂高等女学校卒業。 高知の遊郭で芸妓紹介業を営む岸田猛吾の子として生まれる。実母は女義太夫。この遊廓のことは『櫂』に描かれている。12歳で父母が離婚し父に引き取られ、義母・喜世に育てられる。1943年に高坂高等女学校を卒業し、吾川郡池川町(現仁淀川町)の安居国民学校の代用教員となる。1944年、同僚の前田薫と結婚。心臓神経症を発症し、長く悩まされる。 1944年満蒙開拓団の一員として家族で満洲に渡る。長女を出産するが、敗戦のため辛酸をなめ、1946年夫の実家がある高知へ引き揚げ、農業に従事。この満洲体験は『朱夏』に描かれる。1947年肺結核で病臥する中、『小説新潮』などを読む。1948年初めての小説「村芝居」を『文藝首都』に投稿。1949年に次女を生み、母を失くす。1951年に父を失う。1951年から1958年まで村立保育所の保母として勤務。1958年高知県社会福祉協議会に保育係として勤務。1962年、神戸で取材して書いたラジオドラマ「真珠の家」がNHK高知放送局のラジオドラマ脚本募集で佳作一席となり、仕事を辞め文筆生活に入る。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)
主な受賞歴
第80回 直木賞 / 第17回 吉川英治文学賞

宮尾 登美子の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

鬼龍院花子の生涯



文藝春秋 2013-09-06
五社英雄監督、仲代達矢・夏目雅子主演の映画でも名高い宮尾登美子の代表作。大正4年、鬼政こと鬼龍院政五郎は土佐高知の町に「男稼業」の看板を掲げ、相撲や飛行機の興行を打ったり労働争議に介入したりの華やかな

鬼龍院花子の生涯 (文春文庫)



文藝春秋 2011-03-10

鬼龍院花子の生涯



文藝春秋

蔵〈下〉 (角川文庫)



角川書店

蔵〈下〉



毎日新聞

蔵〈上〉 (角川文庫)



角川書店

藏 (上)<藏> (角川文庫)



KADOKAWA / 角川書店 2014-12-18
新潟の旧家、蔵元の田乃内家に生まれようやく育った娘、烈。家族の愛と希望を一身にうけて成長していくが、小学校入学を前に、失明にいたる目の病を患っていることを知る。過酷な運命を背負う烈と祖母、父母、叔母た

蔵〈上〉 (中公文庫)



中央公論社


宮尾 登美子の著書を検索する

宮尾 登美子の関連ニュース


宮尾 登美子のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮尾 登美子と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮尾 登美子」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.