宮田 登

(ミヤタ・ノボル)
宮田 登(みやた のぼる、1936年10月14日 - 2000年2月10日)は日本の民俗学者。筑波大学名誉教授。元日本民俗学会会長。国文学者の藤沢袈裟夫は実父。 来歴・人物 神奈川県横浜市生まれ。1960年東京教育大学文学部卒業。同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。1976年東京教育大学文学博士。博士論文は「ミロク信仰の研究 日本における伝統的メシア観」。東京教育大学助手、東京学芸大学助教授、筑波大学歴史人類学系助教授、同教授を経て、退官後、神奈川大学経済学部教授。国立歴史民俗博物館客員教授、文化庁文化財保護審議会専門委員などもつとめた。 筑波大学助教授時代、大塚英志に対し、口頭試問で「君の発想はジャーナリスティックすぎて学問には向かない」と述べて、大学院への進学を断念させた。 「ミロク信仰」「生き神信仰」や天皇制に関する研究などを行った。また、「都市民俗学」の提唱者の一人でもあった。網野善彦や佐々木宏幹との親交が深く、共著も多い。多くの啓蒙書も記した。 推理小説の愛好家であったことが知られており、論述するときのアイデアは、民俗学の論文からより、多くのことを得ていた、と広言していた。 (Wikipediaから自動的に取得しているため、本人と異なる情報が表示される場合があります。)

宮田 登の著書・訳書

 amazon.co.jpから人気商品順に表示しています。

宮田 登の著書を検索する

宮田 登の関連ニュース


宮田 登のウェブ検索結果


作品一覧は自動的に取得しているため、宮田 登と関連のない作品が表示される場合もありますのでご了承ください。
「宮田 登」の改訂履歴 (出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』)
Text is available under GNU Free Documentation License.